Blog. スタジオジブリ 宮崎駿監督 x 久石譲 ディスコグラフィー紹介 まとめ

Posted on 2013/09/08

先日9月6日にスタジオジブリ 宮崎駿監督の引退会見がありました。

その引退発表前後から最近ジブリ音楽をよく聴いています。
改めて聴いていると「風の谷のナウシカ」から「風立ちぬ」まで
本当にバラエティに富んだ名曲たちばかりです。

映画ももちろん名作ばかりですが、
作品ごとに世界観が違うように、その音楽もすべて違う世界観。
ジブリ作品だなあという統一感や品格はもちろん感じますが、
宮崎駿監督の9作品すべての音楽を担当した久石譲さんの音楽も
本当に素晴らしい音楽ばかりです。

なにか他の映画音楽と宮崎駿映画の音楽は格段に違うんですよね。
もちろん力の入れ方や制作期間の長さもあるかもしれませんが、
決して他の映画作品に手を抜いていることもないと思います。

宮崎駿監督の才能と久石譲の才能の本気のぶつかり合い、
相乗効果や化学反応を起こしているからこそ生まれてきた音楽たち
なんだろうなあと思います。

相性がいいと言ってしまえば簡単ですが、
やはり奇跡のコンビであり最強のコンビであった
映画監督と音楽家の関係なんだと思います。

これからもまた新しいかたちで再タッグなんてこともあるかもしれませんし。
そういう楽しみは勝手に期待して抱いておきたいですね。

このサイト「響きはじめの部屋」では
ディスコグラフィーメニューのなかでジブリ音楽をまとめています。

Studio Ghibli1

こういうふうに作品ごとのCDジャケットが並ぶと圧巻です。
ちなみに気になったCDジャケットをクリックすると作品詳細をご覧いただけます。
(ここではクリックできません)

また上のようなサウンドトラックなどをまとめたものの下に
ジブリ作品の音楽が収録されたソロアルバムなどもまとめています。
こちらは劇中音楽やサウンドトラック盤とは違い、
より音楽作品として昇華させたものたちばかりです。

Studio Ghibli2

そのさらに下のほうには、オムニバスやコンピレーション作品から
ジブリ音楽のカバーアルバムまで紹介しています。

「風の谷のナウシカ」から「風立ちぬ」まで約30年の歴史です。
ぜひご覧ください。

こちら ⇒ Discography スタジオジブリ作品

Related page:

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment