Blog. DAISHI DANCE 「the ジブリ set 2」 ジブリ名曲たちのダンス・ミュージック!

Posted on 2014/1/16

2013年12月に「the ジブリ set 2」 / DAISHI DANCE がCD発売されました。異例のロング大ヒットを記録したジブリカバーの先駆け「the ジブリ set」の続編です。

2008年に発表された前作から5年です。2008年はスタジオジブリ作品 宮崎駿監督 映画「崖の上のポニョ」が公開された年です。そして、あれから5年の昨年2013年は、宮崎駿監督 映画「風立ちぬ」公開、高畑勲監督 映画「かぐや姫の物語」公開と、ジブリ巨匠の2作品が同年公開された「メモリアル・イヤー」でした。

同じ時を経て、「the ジブリ set」も1から2へ、進化して登場したわけです。ジブリ作品の名曲たちにダンス・ミュージックを融合させて、新しいサウンドへ昇華させたDAISHI DANCEは今回も健在でした。今作の注目はなんといってもオリジナル楽曲を歌ったアーティストがこのアルバムとこのアレンジ楽曲のために参加していることです。

3曲目 カントリー・ロード (JPN ver.) feat.本名陽子
映画「耳をすませば」の月島雫役で、同曲のオリジナルを歌っていた本名陽子さん。クレジットにもあるように、日本語で歌っています。

6曲目 Arrietty’s Song feat.Cecile Corbel
映画「借りぐらしのアリエッティ」で同主題歌を歌っていたセシル・コルベルも参加しています。

また前作「the ジブリ set」にて、映画「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」を英語ヴァージョンで披露していたのは、久石譲の娘 麻衣でした。そして今作では、同じく「君をのせて」をなんと待望の日本語で披露しています。しかもヴォーカルアレンジもサウンドアレンジも前作英語ver.から進化しています。

 

ジブリ set 2 the ジブリ set 2 / DAISHI DANCE

1. 君をのせて (JPN ver.) feat.麻衣 (天空の城ラピュタ)
2. やさしさに包まれたなら feat.GILLE (魔女の宅急便)
3. カントリー・ロード (JPN ver.) feat.本名陽子 (耳をすませば)
4. 風のとおり道 feat.吉田兄弟 (となりのトトロ)
5. アシタカとサン (もののけ姫)
6. Arrietty’s Song feat.Cecile Corbel (借りぐらしのアリエッティ)
7. 帰らざる日々 (Mellow mix) (紅の豚)
8. 時には昔の話を feat.COLDFEET (紅の豚)
9. ひこうき雲 feat.arvin homa aya (風立ちぬ)
10. あの夏へ (Mellow mix) (千と千尋の神隠し)
11. さよならの夏~コクリコ坂から~ feat.Lori Fine(COLDFEET) (コクリコ坂から)
12. Take Me Home, Country Roads feat.arvin homa aya, SHINJI TAKEDA (Re-Visited SAX mix)  (耳をすませば)

 

ちなみに前作はというと

DAISHI DANCE the ジブリ set サムネイル the ジブリ set / DAISHI DANCE

1. 天空の城ラピュタ:君をのせて feat. 麻衣
2. 千と千尋の神隠し: あの夏へ
3. となりのトトロ: 風のとおり道
4. おもひでぽろぽろ:The Rose feat. Lori Fine (COLDFEET)
5. 魔女の宅急便: 海の見える街
6. ハウルの動く城:人生のメリーゴーランド
7. 風の谷のナウシカ:ナウシカ・レクイエム
8. 風の谷のナウシカ: 風の伝説
9. もののけ姫: もののけ姫
10. 千と千尋の神隠し:いつも何度でも feat. Chieko Kinbara
11. 耳をすませば:Take Me Home Country Roads feat. arvin homa aya
12. となりのトトロ: となりのトトロ

 

収録曲のラインナップを見比べてみますと、
「君をのせて」 (天空の城ラピュタ)
「風のとおり道」 (となりのトトロ)
「あの夏へ」 (千と千尋の神隠し)
「Take Me Home Country Roads」 (耳をすませば) ※カントリー・ロード 英語ver.

曲目がかぶっているのが4曲ありますが、アレンジは違います。先に言ったように、「君をのせて」は日本語ver.になっていますし、「風のとおり道」はダンスビートの打ち込みと、吉田兄弟の三味線が見事にコラボしています。

今作「the ジブリ set 2」では、前作にもまして原曲の雰囲気に忠実、近いと思います。リズムが入っているからといって、原曲よりもテンポが過剰に速くなってしまっていたりということもなく、おそらくほぼ原曲に近いテンポ感・リズム感のビートになっています。

これもまたDAISHI DANCEがジブリ作品や久石譲音楽を純粋に愛している、尊敬の念を持っているからだと思います。活動ジャンルこそ違えど、若き日から、本当に久石譲ばかりを聴いていたとDAISHI DANCE本人も語っているくらい、久石譲音楽には大きく影響を受けたそうです。

「the ジブリ set 2」では、・メロディアスでドラマティックな定番のスタイル・現在進行形のダンスミュージックのトレンドを意識した“今らしさ”・新たにメロウなビート構成、3つの音楽性を織り交ぜる事でさらなる魅力を生み出すことに力を注いでいます。

 

個人的には、やっぱりラピュタの「君をのせて」は日本語で聴けて感動です。やっぱりあの日本語歌詞がいいのです。そしてその名曲を、オリジナルを超えて久石譲の愛娘、麻衣さんが歌っているというのもなんだか感慨深いものがあります。

ちなみに麻衣さんはDAISHI DANCE名義の他オリジナル・アルバムにも参加しています。そこでも久石譲作品を歌っているのですが。ヒントはトゥーランドットです。

「カントリーロード」も2ヴァージョン収録されていますが、やはり日本語詞とあの日本語の響きやテンポ感がいいですね。改めて今回聴いて、いい歌詞だな、深い歌詞、と聞き入ってしまいました。本家のオリジナル歌手:本名陽子さんも色褪せない歌声でしたし。

宮崎駿監督 最新作「風立ちぬ」の主題歌(ユーミン)もしっかり収録されています。こちらは英語ヴァージョンです。同じくユーミンの「やさしさに包まれたなら」ならも名アレンジだと思います。心が踊るようです。まさに本作のジャケット写真のような青空な気持ちになります。

 

パーティーやドライブなどには持ってこいのダンスサウンドから、ほっと心安らぐメロー・ビートまで、いろんなシーンをドラマティックにしてくれるアルバムです。

普段は久石譲以外(アレンジもの含め)ほとんど紹介しないのですが、DAISHI DANCEの「the ジブリ set」は、本当にジブリファンも久石譲ファンも納得、原曲を大切に心を込めてアレンジした、良品サウンドになっています。

 

Related page:

the ジブリ set 2

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment