Blog. 久石譲のヨーロッパの風景の音楽

Posted on 2014/06/04

今年に入ってガーデニング・デビューしました。 笑

気に入った花のことを調べていたら、それが広くヨーロッパでよく鑑賞されていることを知りました。風景としてはこういったものを連想します。

ゼラニウム ヨーロッパ 窓辺

 

たしかにヨーロッパって、街の通りにも、家の窓辺にも、本当にお花が多いです。これは景観もさることながら、その土地の歴史や、観光業としても、いろいろな意味があるようです。

そして年間をとおして、よく咲いている、この花たちは、ゼラニウムやペチュニアといった品種です。多年草や宿年草といって、冬場以外の春~秋まで、咲いている期間が長く、一年間に何回も咲く、そして次の年もまた元気に大きくなって咲く、そんな花の種類です。ガーデニングをはじめてから結構勉強しました。

 

まだお披露目できるお花たちはないのですが、そんなこともあり、今ベランダや窓辺には少しずつ花が増えています。日本にいながら、ちょっとヨーロッパな雰囲気を醸し出せてて、気に入っています。

そして、宮崎駿監督のジブリ映画には、架空やいろいろな街の寄せ集め感こそあれ、ヨーロッパが舞台となっている作品がたくさんあります。そのつながりで、ヨーロッパの風景を感じる久石譲の楽曲を掘り出して聴いています。

 

映画の風景ともリンクするといえば、やはりこの3作品でしょうか。

『魔女の宅急便』 『紅の豚』 『ハウルの動く城』

これらの作品関連CDを春くらいからよく聴いています。

 

魔女の宅急便 イメージアルバム 久石譲 魔女の宅急便 サントラ音楽集 久石譲 魔女の宅急便 ハイテックシリーズ

『魔女の宅急便』
一般的にはもちろん中央のサウンドトラック盤が心地よい音楽ですが、左端のイメージアルバムも、右側のハイテックシリーズも、サウンドトラックの各テーマが映画からはなれた音楽的世界観で、独立して完成された1曲として表現されているのでBGMにはぴったりです。

ワルツのテーマやヨーロッパの雰囲気のする楽器たちの使用など、そのあたりは、CD解説にて詳細あります。「晴れたら日に・・・」「旅立ち」「海が見える街」などなど序盤からヨーロッパです。

こちら ⇒ Disc. 久石譲 『魔女の宅急便 サントラ音楽集』

またこの作品のみならず、宮崎駿監督ジブリ作品の恒例となっているサントラ発売前のイメージアルバムと、その位置づけについても詳しく解説しています。

こちら ⇒ Disc. 久石譲 『魔女の宅急便 イメージアルバム』

ハイテックシリーズはイメージアルバムをもとにした久石譲楽曲ですが、編曲しているアレンジャーが違うので、また違う雰囲気を楽しめます。オリジナル盤にはない、乾いたアコースティック・ギターの爽やかなサウンドや、オリジナル盤以上の多種多様な楽器とアレンジになっています。

こちら ⇒ Disc. 久石譲 『魔女の宅急便 ハイテックシリーズ』

 

久石譲 紅の豚 サウンドトラック

『紅の豚』
地中海、アドリア海の青い海と、大人なピアノ、ストリングスの調べ。目が覚めるような鮮やかな赤い花が似合います。「帰らざる日々」「Friend」「アドリアの海へ」「遠き時代を求めて」など。

 

イメージ交響組曲 ハウルの動く城 ハウルの動く城 サウンドトラック

『ハウルの動く城』
メインテーマ「人生のメリーゴーランド」はもちろんのこと、「空中散歩」「引越し」「花園」「星をのんだ少年」など、ヨーロッパの賑やかな街だけでなく、湖畔とそこに広がる花畑たち、そんな優しい彩りの花園が印象的です。

「イメージ交響組曲 ハウルの動く城」は、もちろん恒例のジブリ映画イメージアルバムですが、
早い段階から制作していたものあるなかで、渾身のフルオーケストラです。そして、なんとそこにはメインテーマ「人生のメリーゴーランド」は・・・ありません。この段階ではまだ作曲されていなかったんですね。

後に、宮崎駿監督から、「この映画はメインテーマ1曲でほぼやりたい」という要望から、”18歳から90歳までのソフィーを表現できる曲”それに見合うだけ(主題や変奏としてバリエーション豊富にできる)の新しい楽曲を制作したのが「人生のメリーゴーランド」です。しっかりとメロディの軸があり、かつ多彩なバリエーションに変奏できる、そういう意図だと思います。

実際に、「人生のメリーゴーランド」は王道なワルツ(3拍子)の曲ですが、劇中では、これが4拍子になったり、時にはスリリングな曲調に、時にはしっとりとした恋心を歌ったピアノの調べにと、18歳から90歳までのソフィーの年齢や容姿、感情の振れ幅の大きさを、巧みに表現された「お見事!」としか言いようのない楽曲です。

なので、残念ながら、このイメージアルバムからは、おおよそ半分弱くらいしか本編では使用されていないのですが、それでも完成度は高いです。「ミステリアス・ワールド」「ソフィーの明日」「シークレット・ガーデン」など。「ケイブ・オブ・マインド」は、ハウルが星をのむ印象的なシーンで、「星をのんだ少年」として活かされています。

 

『魔女の宅急便』以外は、まだCD解説が追いついていないのですが。追々それぞれCD作品ごとに充実させていくつもりです。

 

そうこう言っていたら、『天空の城ラピュタ』もイギリスが舞台ですし、『風立ちぬ』もカプローニが登場するのはイタリア、サントラにも、メインテーマ「旅路」のモチーフとして「旅路(イタリアの風)」があります。

とにかく宮崎駿監督のジブリ作品にはヨーロッパ感が満載であり、久石譲のそれぞれの作品音楽も、それを見事に表現しているなあと思います。

ジブリ音楽のライブラリーはこちらにまとめています。

こちら ⇒ Studio Ghibli ディスコグラフィー

 

これからの音楽を聴きながら、ガーデニングに励み、部屋の一角でヨーロッパ感を感じていたら、映画本編もまた観たくなってきています。それは作品自体のおもしろさもあるんですけど、「あのシーンで、あの街並みで、あのテラスで、どんな花が描かれていたっけな?」となってしまうわけです。

もちろん細部にまでこだわるジブリ作品ですので、描かれている建物、風景、花、土の色までよく調べあげられています。この土地にこの植物は生息しないとか、この頃の東京の土は赤いとか・・・。

映画本編を観て、花の種類まではわかることはないかもしれませんが、(関連書籍を読めば紐解けるかもしれません)その風景や雰囲気はわかるので、イメージをふくらませて、ささやかなガーデニングの参考にはなるかなと思っています。小さな鉢植え、ひとつふたつでも。

 

ガーデニングの話をしたかったのか、久石譲のヨーロッパ感漂うある音楽の話をしたかったのか、わからなくなってしまいましたが。とにかく映画音楽も、ジブリ音楽も、久石譲音楽も、いろいろな切り口と楽しみ方があります。

光と水と風と音楽?!を切らすことなく、初夏の頃には、花たちが鮮やかに咲きほこってくれるよう、大切に育てていきたいと思います。(お披露目できるくらいまで)

Related page:

ヨーロッパ 花園

 

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment