Blog. 久石譲 「世紀音樂大師-久石譲」 台北コンサート プログラム詳細

Posted on 2015/02/27

久石譲の2015年最初となる幕開けコンサートが日本ではなく台湾にて開催されました。気になる演奏プログラムとアンコールはこちらです。

 

世紀音樂大師-久石譲 Maestro of the Century – Joe Hisaishi

[公演期間]
2015/2/25,26

[公演回数]
2公演
臺北國家音樂廳 国家音楽ホール National Concert Hall (台北 Taipei)
臺南文化中心 (台南 Tainan)

[編成]
指揮・ピアノ:久石譲
管弦楽:国家交響楽団(National Symphony Orchestra)

[曲目]
久石譲:
弦楽オーケストラのための「螺旋」 ※改訂初演
天空の城ラピュタ
la pioggia 映画『時雨の記』より (ピアノ・ソロ)
One Summer’s Day 映画『千と千尋の神隠し』より (ピアノ・ソロ)
Oriental Wind for Orchestra
ショスタコービッチ:
交響曲 第5番 ニ短調 作品47

—–アンコール—–
Kiki’s Delivery Service for Orchestra

 

当初は2月25日台北での1公演予定だったものが、あまりの人気に急遽翌日に同プログラムにて台南コンサートが決定したという経緯です。そのあまりの人気の高さは、とりわけアジア人気はすごいものがあります。

コンサートホールには3500人くらいの客席となりますので、一目見ようと、その音楽を聴こうと、台湾では恒例となっている、会場外の屋外放送もされています。巨大スクリーンが設置され、ホール内での臨場感そのままに、リアルタイムに映しだされます。

そんな熱狂的な風景はこちら。

久石譲 台北2015 1

その場で体感した聴衆の方たちがアップしている写真たちが、こちら。

久石譲 台北2015 2

久石譲 台北 2015 3

すごいの一言です。

日本国内では考えられない光景です。野外イベント、野外フェスさながらといった感じです。それだけ海外公演の希少な(日本公演も最近希少ですが)久石譲の音楽を聴きたいと会場につめかけているのですね。そしてそれがすでにわかっているからこそ、ここまで屋外施設を事前に準備しているということですね。

コンサート終演後の翌日には、一番上の写真を借用させてもらいました、現地Web新聞にもコンサート大成功の様子が紹介されています。

今日大話新聞 久石譲

 

今後も台北をはじめとする海外公演は、定期的な恒例行事となっていくのでしょうか。日本でも、海外でも、もっともっと久石譲のコンサートに行きたい、もっともっと久石譲の音楽を体感したい、というファンがたくさんいるという証ですね。

久石譲 台北 2015 4

 

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment