Blog. 箱根駅伝テーマ曲「Runner of the Spirit」 CD作品紹介

Posted on 2015/3/24

2009年から箱根駅伝の新しいテーマ曲として誕生した「Runner of the Spirit」

久石譲書き下ろしによる作品、しかも初の吹奏楽作品として、2009年以降毎年正月にTV中継番組で聴くことのできる楽曲です。一度は耳にしたことがある方も多いと思います。どういう楽曲かは、ディスコグラフィーレビューにて紹介しています。

こちら ⇒ Disc. 久石譲 第85回箱根駅伝 『Runner of the Spirit』 *Unreleased

そしてこの楽曲は久石譲によるCD作品化はされていません。

 

つい先日、この「ランナー・オブ・ザ・スピリット」のCDを発見しました。

東京佼成ウインドオーケストラ
『吹奏楽燦選/嗚呼! アフリカン・シンフォニー』 (2014/10/22)

東京佼成ウインドオーケストラ

1.音楽祭のプレリュード (アルフレッド・リード)
2.コンサートマーチ 《アルセナール》 (ヤン・ヴァンデルロースト)
3.ロマネスク (ジェイムズ・スウェアリンジェン)
4.海の男達の歌 (船乗りと海の歌) (ロバート・W・スミス)
5.マゼランの未知なる大陸への挑戦 (樽屋雅徳)
6.百年祭 (福島弘和) 2012年改訂版
7.嗚呼! (兼田敏)
8.吹奏楽のための《ランナー・オヴ・ザ・スピリット》 I. オープニング (久石譲)
9.吹奏楽のための《ランナー・オヴ・ザ・スピリット》 II. エンディング (久石譲)
10.ラ・フォリア ~吹奏楽のための小協奏曲(伊藤康英)
11.ボレロ(イン・ポップス) (モーリス・ラヴェル/岩井直溥)
12.アフリカン・シンフォニー (ヴァン・ マッコイ/岩井直溥)

演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮:藤岡幸夫

録音:2013年9月9~10日、江戸川文化センター(東京) [96kHz/24bit録音]

 

このCDに久石譲楽曲が収録されています。

「吹奏楽のための《ランナー・オヴ・ザ・スピリット》」
Runner of the Spirit for Symphonic Band
I. オープニング Opening
II. エンディング Ending

 

詳しい解説は、CDのライナーノーツも参考に、ディスコグラフィーにて紹介しています。

こちら ⇒ Disc. 東京佼成ウインドオーケストラ 『吹奏楽燦選/嗚呼! アフリカン・シンフォニー』

 

久石譲はこの作品の制作にあたってこう語っています。「オープニングはこれから走る高揚感を、エンディングは感動を伝えるものにしたい。」そのとおり、オープニングはファンファーレのようであり、箱根駅伝TV中継番組のCMジングルとしても使用されています。

エンディングは、しっとりとトランペットを中心にメロディーを奏で、ドラマを振り返るような悠々とした雄美な曲調となっています。そしてラストはオープニングで鳴り響いた管楽器たちが再び、その勇姿を讃えている。そんなスポーツマンシップを象徴するような晴れやかでエネルギーが湧き上がる作品。

CD化されていないながらも人気は高く、多くの久石譲オフィシャルスコアを担っているショット・ミュージックより、2012年に楽譜レンタルも開始されています。もちろんオリジナル・スコアです。

 

さてCDに収められているこの楽曲について大切なことを。

本作品に収録されているこの2楽曲は、2009年から箱根駅伝のTV放送で流れている音源ではありません。ただオリジナル版をもとにしたカバーというわけでもありません。2009年からTV使用されているオリジナル版も東京佼成ウインドオーケストラが演奏していて、スコアも忠実に再現していることから、ほぼオリジナルに近いかたちで収録されています。

オリジナル版と差異があるというのは、指揮者の違いによる楽曲のダイナミクス、テンポ、演奏表現方法という点で。パートごとに前面にフィーチャーされている楽器の違いやバランスによる印象と響きの違いです。

オリジナル版の指揮者は久石譲本人です。またCD制作の録音が2013年とも表記されていますので、2009年のオリジナル版音源でないことはわかります。

 

指揮者は違うものの、演奏団体は同じ、スコアも同じオリジナル・スコア、ということになります。藤岡幸夫さんの指揮はとてもダイナミックでかっこいい仕上がりです。

2009年発表から現時点(2015年)までに久石譲名義として作品化されていないだけに、ほぼオリジナル版と言ってもいいくらいのバージョンがCD作品化されたことは、貴重でありうれしい限りです。CD販売だけでなく、Amazonやappleにて音楽配信もされています。試聴して確かめるもよし、単品で購入できるのもいいですね。

 

初の吹奏楽作品となった、この「Runner of the Spirit」から6年を経て、2015年にはバンド維新2015のために新しい吹奏楽作品を書き下ろしています。久石譲による吹奏楽作品は、「Runner of the Spirit」と「Single Track Music 1」の2作品のみになります。

毎年正月を楽しみにしていたのですが、1年に1回しか聴くことのできない「ランナー・オヴ・ザ・スピリット」。これからはいつでもクオリティの高い演奏と高音質で、オーディオで楽しむことができます。TVスピーカーで、しかも聞き耳をたて、楽しむしかなかった楽曲が、です。

共感できる方はぜひこの東京佼成ウインドオーケストラのCD作品を参考にされてください。またこの曲を演奏しようと思っている吹奏楽団体の方も、ショット・ミュージックからのオフィシャル・スコアとあわせて、模範演奏としても参考にできるかもしれません。

なによりも、聴くだけでもエネルギーが沸きあがる、そんな力があります。

 

Related page:

久石譲 箱根駅伝 Runner of the Spirit

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment