Disc. 久石譲 『Castle in the Sky ~天空の城ラピュタ・USAヴァージョン・サウンドトラック~』

2002年10月2日 CD発売

1986年公開 スタジオジブリ作品 映画「天空の城ラピュタ」
監督:宮崎駿 音楽:久石譲

ディズニーが2003年に北米でリリースした「ラピュタ」の英語吹替版用に、久石自らが、ハリウッド映画音楽のオーケストラを率いて壮大なスケールと迫力あるサウンドで再録音したニュー・サントラアルバム。一部、書き下ろしの新曲も含まれている。

 

『天空の城ラピュタ』USAヴァージョン

『ラピュタ』のオリジナルを作ったのは、16年も前のことです。『風の谷のナウシカ』をやって、徳間書店さんの大作アニメの二番目の作品である『アリオン』をやった後だったので、宮崎駿監督が新作を作っていると聞いても、僕に音楽が回ってくるとは思っていませんでした。でも、結局、久石がいいということになって、プロデューサーだった高畑勲さんと鈴木敏夫さんが、僕のところに依頼しに来て下さった時は、本当に嬉しかった。

『ナウシカ』は、実は音楽自体にまとまりがないんです。シンセのウチコミの音だったり、オーケストラだったりして、全体の統一感に乏しい。ただ、『ナウシカ』の物語に気持ちを入れこんで作ったので、統一感のなさが問題にならないくらいの説得力があった。そういうこともあって、『ラピュタ』は音楽としての完成度をすごく上げたいと思って作ったんです。僕自身、映画音楽としてのまとまりのある仕事が出来たのは『ラピュタ』が初めてだったような気がします。完成したフィルムを観ると、画面が呼吸しているんです。音楽がなんとなく流れているんじゃなくて、突然アップテンポになって、ガッと下がって、また上がって。序破急と言うんでしょうか、緩急のメリハリがすごくあって、自分でも、こんなに上手く作れたんだと感心できた作品でした。

『ラピュタ』の音楽はそういうふうに完成度が高かったので、アメリカでリリースするに際しても、本当は手を加えたくなかったんです。しかし、アメリカ映画は最初から最後まで音楽が鳴っているのが普通だから、今までの『ラピュタ』の音楽の付け方だと、アメリカの観客はなじめないんじゃないかということで、もう一度録り直すことにしました。宮崎駿監督にも確認をとったんですが、自由にやっていい、ということでしたので。

実は僕は、ハリウッド映画の音楽の作り方は、そんなに好きなほうじゃないんです。僕の映画音楽の作り方というのは、監督の作りたい世界を根底に置いて、そこからイメージを組み立てていく。しかし、ハリウッド映画は、基本的にキャラクターのための音楽を作っていくんです。はっきり言ってしまえば嫌いなやり方なんですけど、あえてそういう単純明快なアプローチを試してみようと思いました。『ラピュタ』は冒険活劇なので、ハリウッド的な音楽もいいかな、と。

今回は、もともと完成されたオリジナルがあるということで、気楽なスタンスで作ることができました。音楽を作る時、いちばん厳しいのは、新しいメロディを作り出すことです。今回はそれがなかったので、精神状態が安定していて、曲にゆとりが生まれました。作品に入れこみすぎて、一生懸命になりすぎてしまうと、かえって視野が狭くなって、豊かなイマジネーションが損なわれてしまうものなんです。その結果、出来上がった音は、堅苦しい音になってしまう。でも、今回は音に遊びがあって、自分で聴き直して、素直にいいなぁと思える出来になりました。トラックダウンをやっていても、すごいな、これ、と。自分ですごいなんて言っちゃいけないんですけど(笑)、今回の音は屈託がないんですよ。いい意味で、ノビノビしているんです。

かと言って、楽して作ったかというと、そんなことは全然ありません。ハリウッドでもこれだけお金をかけることはないですというくらいの壮大な費用を使っていますし、スコアの量もすごいですから。音は、正統派のオーケストラサウンドです。もちろん、シンセを入れたりはしていますが、東洋的な音を入れたりするような、奇をてらうことは、一切していません。ハリウッド映画をやっているオーケストラや指揮者の方に演奏していただきましたが、結局は自分のやりたい音になりました。真っ当なオーケストラで、自分のオイジナリティを出そうと思って作った作品ですね。

久石譲

(CDライナーノーツより)

 

 

オリジナル作品の全米公開に向けて音楽をリアレンジ。映画も「Castle in the Sky」として公開予定もお蔵入り。北米版本編は後の「天空の城ラピュタ」(Blu-ray DVD)特典として収録され、このサウンドトラックもUSAヴァージョンとして発売される。

オリジナル劇中音楽は、オーケストラ+シンセサイザーだったのに対し、ほぼ全編フルオーケストラとしてリアレンジされている上に曲数も格段に多くなっている。

オリジナルサウンドトラック(日本版)には未収録となっていた「ボムじいさん」シーンの曲が収録されていたり、音楽のついていなかったシーンへの新録も多数。

このあたりは、意図的に音楽を追加しているようである。ハリウッド映画は劇中音楽がとにかく多い。音楽が鳴っていないシーンがないというほどに。

ジブリ作品はもとより多くの日本映画、日本文化とは違う点である。いい意味での間(無音・余白・隙間)、こういったものを味わえる文化。

全米公開に向けて、ある程度欧米文化に受け入れやすいように、かつオリジナル性を損なわないように。オジリナル作品に後から手を加えるという意味では異例の音楽再編集、新録、フルオーケストラ、という流れになったようである。

オリジナルの日本版サントラに馴染みがある人も多いとは思うが、また違った角度から新しいラピュタの世界観を味わえるという意味では純粋にうれしい作品だと思う。ストーリーと並行した曲順になっているので英題からどのシーンだったかを読み解くのもおもしろい。

シアトルにて録音された、新しい躍動感・壮大感・テンポ感、かつ緻密なオーケストレーション、パワーアップしたラピュタサウンドを楽しむことができる。

指揮:ヴィンス・メンドーザ Vincent Mendoza
演奏:シアトル・ミュージック SEATTLEMUSIC

久石譲の映画音楽を自身ではなく、他指揮者がタクトを振っている点もまた違った空気感と響き、そしてオケとの呼吸が新鮮である。

 

 

久石譲 『Castle in the sky 天空の城ラピュタ・USAヴァージョン』

1. Prologue〜Flaptors Attack
2. The Girl Who Fell from the sky (Main Theme)
3. The Levitation Crystal
4. Morning in the Mining Village
5. Pazu’s Fanfare
6. The Legend of Laputa
7. A Street Brawl
8. The Chase
9. Floating with the Crystal
10. Memories of Gondoa
11. Stones Glowing in the Darkness
12. Disheartened Pazu
13. Robot Soldiers 〜Resurrection – Rescue〜
14. Dola and the Pirates
15. Confessions in the Moonlight
16. The Dragon’s Nest
17. The Lost Paradise
18. The Forgotten Robot Soldier
19. The Invasion of Goliath
20. Pazu Fights Back
21. The Final Showdown
22. The Destruction of Laputa (Choral Version)
23. The Eternal Tree of Life

All music Composed & arranged by Joe Hisaishi
Produced by Joe Hisaishi

Conducted by Vincent Mendoza
Performed by SEATTLE MUSIC

Recorded at
St.Thomas Chapel – Bastyr University, Seattle
Wonder Station, Tokyo

コメントする/To Comment