Disc. 久石譲 『天空の城ラピュタ シンフォニー編 大樹』

1986年12月21日 LP カセット 発売
1987年1月25日 CD発売

1986年公開 スタジオジブリ作品 映画「天空の城ラピュタ」
監督:宮崎駿 音楽:久石譲

「天空の城ラピュタ」の音楽を全8曲に編曲し、総勢60余名のオーケストラによりさらにスケールアップしてシンフォニー化したアルバム。収録は1986年10月。久石は作曲・編曲とプロデュースを担当している。LPとCDのジャケットは同一デザイン。

 

LAPUTA SYMPHONY MEMO

今回のレコーディングは、東京・早稲田にあるアバコクリエイティブスタジオで、10月25日(土)、26日(日)の2日間にわたって行われた。演奏は総勢60余名の東京シティフィルハーモニック。指揮はサントラ盤のオーケストラ部を担当した、中谷勝昭さん。

以下の解説中『  』は、イメージアルバム(25AGL-3024)制作時に、宮崎駿氏から示された覚え書きより引用した。

1. プロローグ~出会い
トランペットの高らかな響きでスタート。『全世界をみおろす屋根の上。人々はまだ眠っている。いま世界にいるのは少年とハトたちだけ。朝日が霧をはらい、少年のトランペットから出発の歌が流れはじめる』
続いてピアノと木管による導入部のあと、映画のオープニングとエンディングテーマ「君をのせて」に使用された、おなじみのメロディーが展開される。しめくくりは「スラッグ渓谷の朝」テーマ。

2. Gran’ma Dola
空中海賊ドーラ一家の女親分、ドーラのテーマ。『情熱と誇り、食欲と物欲、あふれるほどの愛と憎しみ。はためく旗は先々代からのもの。今、生きなければいつ生きるのだ。子供達、あたしのあとにつづきな。生きる喜びをおしえてやろう』 海賊たちのコミカルな日常生活をも描写している。

3. 空中散歩
映画では、ティディスの要塞から逃げだしたあとにワンフレーズだけ使われただけの小型のはばたき機フラップターのテーマだが、楽しく軽快なメロディー。『銀バエのように群がり、銀バエのように逃げ、銀バエのようにまいもどる。流れる牧場、村の屋根、雲をかすめて、地の果てまでつっぱしれ。息のつづくかぎり、エンジンの悲鳴は心の叫びだ』 中盤の重いメロディーは、巨大戦艦ゴリアテや、ムスカの冷酷さを表現したもの。

4. ゴンドア(母に抱かれて)
前半は、飛行石の力で空中を漂うふたりのシーンの曲。続いて、シータのふるさと、ゴンドアをイメージしたメロディーが流れる。『なつかしい人々、忘れられぬ面影、石をかさねた家々から立ちのぼる白い煙。たそがれの小径を行けば、牧草の花々、やさしい目をしたヤク達のよびかう声、くれないに染まった頭上の雲からいま光がきえていく。遠くで誰かが家畜をあつめる牧笛をならしている』

5. 大いなる伝説
「ラピュタ」にたどりついたシータとパズーがみたものは、ラピュタ人の墓標を見守るロボットと、城を貫く巨大な樹だった。
『壮大なひろがり。生命の樹。はるかな時間。陽光』

6.大活劇
ドーラ一家の子分が、スラッグ渓谷の親方と力くらべをするコミカルなシーン。そしてシータたちとの、軽便鉄道を舞台にした愉快な追いかけっこを音で表現。下は目もくらむような谷。木製の橋はいまにもくずれそう。ついにオートモーヴィルはバラバラに。だがしかし、根性と度胸の女、ドーラは負けないのだ!

7. 鉱山町
パズーの住むスラッグ渓谷は廃鉱寸前の鉱山町。『今日だめだったとしても、明日はなんとかなるかもしれないじゃないか、つるはしは重くても俺の腕はもっと太いさ。石はかたいが、俺のゲンコはもっとかたいさ。いっぱいの酒さえあれば、いまは天国。オイ、そこのしけたやつ、オレがおごるぜ。この店のエールはとびきりなんだ』

8. 時間(とき)の城
かつて大いに栄華を誇ったであろう、その城は700年前に眠りについた。守るべき主もないままに、ロボットは庭園の世話をし、巨大な樹は、くずれかけた城壁を支えてきた。『かがやく雲の峰のかなた。あこがれ、失われた楽園。よこしまなものと美しいものをふくんだ闇。神秘』 アルバムの最後をかざる「天空の城ラピュタ」のテーマ。

(LAPUTA SYMPHONY MEMO CDライナーより)

 

久石譲 『天空の城ラピュタ シンフォニー編 大樹』

1. プロローグ〜出会い
2. Gran’ma Dola
3. 空中散歩
4. ゴンドア(母に抱かれて)
5. 大いなる伝説
6. 大活劇
7. 鉱山町
8. 時間(とき)の城

指揮:中谷勝昭
演奏:東京シティフィルハーモニック管弦楽団

コメントする/To Comment