Disc. 久石譲 『天空の城ラピュタ ハイテックシリーズ』

1989年11月25日 CD発売

1986年公開 スタジオジブリ作品 映画「天空の城ラピュタ」
監督:宮崎駿 音楽:久石譲

「ラピュタ」サウンドを新たな音楽表現でアプローチしたハイテックシリーズ

 

解説

アニメージュ・ハイテック・シリーズ第2弾!宮崎駿監督作品’86年公開映画「天空の城ラピュタ」のサントラ音楽のハイテック化。宮崎映画において透明感、重厚感を持って映像をさらに拡げていく、久石譲の音楽の世界をここで新たな音楽表現でアプローチ。サントラ音楽とは、まったく異った新しい音楽観で「天空の城ラピュタ」を感じるでしょう。

今作品のハイテック化は、前作「ナウシカ」と同様の試みでレコーディングは行った。基本となるリズム楽器、ベーシックな音色以外は、全てCASIO楽器のサンプリング音を混ぜ合せて作り上げた音となっている。下記にベーシックな楽器とCASIOの機種を掲載しておくので参考にして聴いていただきたい。なお、曲中で印象的な音を拾って簡単な解説も書き加えた。

・ROLAND D-550
・ROLAND MKS-80
・ROLAND R-8
・Oberheim Matrix-1000
・Prophet-5
・AKAI S-900
・AKAI S-1000
※CASIO FZ-10M
※CASIO G・Synth PG-380

1.空から降ってきた少女
冒頭からシタール、タブラ、ガムランとEsnoぽい響きで始まる。(全体を通してこのEsnoぽさはずっと続くのだが…) ここで特に印象に残るサウンドは、曲の始まりで、ビー玉の落ちる様な音これは、・G・Synth WATER RINGの音を薄くつけている。シタールの音は・FZ FL-11CHIKUZEN-BIWA ・G・Synth SITARを混ぜ合せ作っている。メロディを弾くバイオリンは、・FZ FL-14SOLO VIOLINをEQ処理で美しくして仕上げている。

2.ゴンドアの思い出
左右のスピーカで聴こえるガムランのシーケンスフレーズは、・G・Synth GAMELANの音をほんの少し足して作っている。3拍子の所で聴こえる乾いた笛の音は、・FZ FL-11SHINOBUE.NOUKAN,HICHIRIKIなど合せてEf処理して作った。曲終りのアナログシンセぽい音は・G・Synth DIST PGで出している。ドラムのバスドラ、和太鼓の様な音も・G・Synth WADAIKOをEQ処理で大きく変えて使ったものである。

3.タイガーモス号にて
曲頭、沖縄っぽい音を出しているのは、・FZ FL-11SAMISEN ・FZ FL-11KOTO ・G・Synth SAMISENなどと混ぜ合せてある。メロをとるピッコロの音は、・G・Synth ANT RECORDERの音も混っている。曲中のリズムのなくなる所の打楽器は、・FZ FL-11TSUZUMI,JAPANESE PERCUSSIONなどで作った。スコットランドぽいバグパイプの音は、・G・Synth BAG PIPE ・FZ FL-13のブラス系の音を色々と加工して作り出している。バイオリンの響きによりいっそう哀愁を出す味つけとなっている。

4.ロボット兵
ハードロックプログレと云う感じに仕上っている曲、ここで、バイオリンの様な、歪んだ音を作っているのは、・G・Synth PG-380である。

5.失意のパズー
またまたシタールの音は前出の音である。メロを演くマリンバ、ピッチカートの様な音は、・FZ FL-1 MARIMBA, HARPSICHORD, PIZZICATO, ・G・Synth HARPSICHORDを混ぜ合せ・G・Synthが金属ぽい音色を足している。曲中のねばりのあるギターサウンドは、・G・Synth FUNKY BASSを中心に色々と音処理してある。

6.君をのせて
ジプシーキングス風にガットギターのリズムからおなじみの”君をのせて”のメロが聴こえて来る。哀愁のあるメロディーが、ちょっと野性味のあるリズム感でおもしろい仕上りになっている。メロを演奏するチャイムの音とフルートの音は、・FZ FL-5 VIBRAPHONE ・G・Synth CHIME HIGH, BELL STRINGS ・FZ FL-2FLUTE ・G・Synth ANT RECORDERなどを使用し美しい音色にEQで加工している。

7.スラッグ渓谷の朝
曲頭の渓谷の朝の感じを出している鳥たちの鳴き声は、・FZ FL-7ANIMALS, BIRDSなどから…、曲想が中国風から日本風になる所で出て来る琴、木魚、笛etcは、・FZ FL-11SOUND OF JAPANESEの音を変化つけて作っている。スコットランドぽくなる所のバグパイプ等の音は前出の音である。

8.破滅への予兆
イントロで後ろのほうでなっている尺八は、・FZ FL-11SHAKUHACHIの音を加工して作っている。ディストーションのかかったギターサウンドは、・G・Synth DIS PG, WILD PG,などのヘビーなギター音を使っている。曲想が変って左右にPANしているストリングスの音は、・FZ FL-14SECTION STRINGSの音にモジュレーションをかけ動かしている。最後の爆発音は、・FZ FL-8WEAPONS/STRANGE SOUND

9.シータの決意
物憂い感を出すボサノバ風に仕上った曲。リズムをきざむガットギターは生楽器である。メロを演奏するフルートの様な音、ベルの様な音、・FZ FL-2FLUTE ・FZ FL-5 JAZZ PIANO, VIBRAPHONE, ・FZ FL-10 PIZZICATO ・G・Synth GLOCKEN, BELL STRINGS, CHIMEなどの音色を使用し、各音にごらない様注意を払って音をEQして作り上げた。

10.天空の城ラピュタ
ほぼ全編になっているベルの音は、・G・Synth HARPSICHORD, BELL STRINGS,などの音足して加工してある。メロを演奏するストリングスの音は、・FZ FL-14SOLO VIOLIN ・FZ FL-11SHINOBUE ・FZ FL-13 JAZZY SAXなど混ぜ合せEQ処理して作り上げた。曲中のオブリガードのホルンの音は、・G・Synth FRENCH HORNも加えてある。バンプ部のピッチカートは、・FZ FL-10 SOFT PIZZ, ・FZ FL-12HARPを混ぜ重力感のあるピッチカートに仕上った。各音色、バランスとも美しく整った曲にまとまっている。

以上の様に特に印象的な音をいくつか取り出してみたが、基本は各音源にCASIOのサウンプリング音とギターシンセの音を重ねて新しい音を作り出そうと云う試みであった。前作(「風の谷のナウシカ」)よりEsno色が強くなり、色々な要素のあるアレンジとなっており、バラエティーにとんだアルバムに仕上った。映画「天空の城ラピュタ」のサントラを聴いた方も、始めてこのアルバムを聴く方も十分に楽しめる音楽に仕上っていると思う。

また、この企画にはCASIO音楽ソフト企画部の古谷仁氏に多大な協力をいただいた。

(解説 ~CDライナーノーツより)

 

久石譲 『天空の城ラピュタ ハイテックシリーズ』

1. 空から降ってきた少女
2. ゴンドアの想い出
3. タイガーモス号にて
4. ロボット兵
5. 失意のパズー
6. 君をのせて
7. スラッグ渓谷の朝
8. 破滅への予兆
9. シータの決意
10. 天空の城ラピュタ

Produced by HIROYUKI KAMII
Arranged by MICHIAKI KATO

All Songs Composed by JOE HISAISHI

コメントする/To Comment