Disc. 久石譲 『めいとこねこバス サウンドトラック』

2002年10月2日 CD発売

2002年公開 スタジオジブリ作品
三鷹の森ジブリ美術館 短編アニメーション「めいとこねこバス」
監督:宮崎駿 音楽:久石譲

三鷹の森ジブリ美術館オリジナル短編アニメーション第3作「めいとこねこバス」(2002年上映開始、原作・脚本・監督:宮崎駿)のサントラ盤。本作は映画「となりのトトロ」の後日談的な短編作品であり、久石が長編と同様に音楽を担当した。録音は2002年8月。

 

「めいとこねこバス」 「パン種とタマゴ姫」等の三鷹の森ジブリ美術館オリジナル短編アニメーション作品は、三鷹の森ジブリ美術館(日時指定の予約制)の映像展示室「土星座」だけで上映しています。

「めいとこねこバス」のサウンドトラックCDは、同美術館のショップ「マンマユート」でのみ販売しています。(発売元:スタジオジブリ)

 

シンプルだけど複雑な、口ずさめる面白い音楽

音楽を担当したのは「風の谷のナウシカ」以降、全ての宮崎監督作品の音楽を担当する久石譲さん。今回、全8曲中、新たなメロディーは2曲。1曲目はメイがコネコバスと一緒にキャラメルを食べるシーンで流れるもの。「この曲はメイのテーマとして『メーイ、メーイ、タラリララ~』と単純に呼びかける感じで作ったんです」メロディーこそシンプルなこの曲、実はとてもむずかしいリズムで構成されている。

「シンプルなメロディーにちょっと複雑さを加えつつ、でも口ずさみやすい面白いものにしようと思っていたんです」この曲の出来に大満足な久石さん。この曲が完成した時、メイとコネコバスの喜びのテーマとして、これがこの映画音楽の核になると確信したという。

そしてもう1曲、久石さんが作ったのは、森の中にたくさんのネコバスが入っていくところに流れるもの。「あのシーンが物語の大きな変わり目ですからね。ちょっと面白くて印象的なものにしようと考えました」そこで久石さんが取り入れたのが、クルムホルンという傘の柄のような面白い形のオーボエ族の楽器。「エスニック風な感じが出て面白いんですよ」こうして「となりのトトロ」の楽曲に新しい曲が加わり、映像に寄り添う形で流れる音楽は、作品をよりいっそう楽しいものにしている。

(「めいとこねこバス」公式パンフレット より)

 

久石譲 『めいとこねこバス サウンドトラック』

1.めいとこねこバスのさんぽ
2.キャラメルあげるっ。
3.めいの子守うた
4.出発進行!
5.塚森のネコバァちゃん
6.あ、トトロだ。
7.またネ!

指揮:久石譲
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
演奏:安井敬 庄司祐子(クルムホルン)

コメントする/To Comment