Info. 2015/07/21 [CDマガジン] 「クラシック プレミアム 41 ~リヒャルト・シュトラウス~」 久石譲エッセイ連載 発売

2015年7月21日 CDマガジン 「クラシック プレミアム 41 ~リヒャルト・シュトラウス~」(小学館)
隔週火曜日発売 本体1,200円+税

「久石譲の音楽的日乗」エッセイ連載付き。
クラシックの名曲とともにお届けするCDマガジン。
久石による連載エッセイのほか、音楽評論家や研究者による解説など、
クラシック音楽の奥深く魅力的な世界を紹介。

【SHM-CD付】 リヒャルト・シュトラウス 8/4号 (隔週刊 クラシックプレミアム) [雑誌]

後期ロマン派を代表する作曲家により
物語と管弦楽が融合し生まれた交響詩

甘美で豊麗なリヒャルト・シュトラウス作品を得意としたカラヤン。なかでも交響詩はどの曲も何度も録音し、いずれも名盤として高い評価を得ている。《ツァラトゥストラはかく語りき》はカラヤンの演奏で世に広く知られることになった曲で、これは美の結晶ともいえる1983年の録音で収録。

【収録曲】
交響詩 《ツァラトゥストラはかく語りき》 作品30
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音/1983年

交響詩 《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》 作品28
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音/1972年

交響詩 《ドン・ファン》 作品20
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音/1973年

 

クラシックプレミアム 41 リヒャルト・シュトラウス

コメントする/To Comment