Info. 2016/03/12 映画『家族はつらいよ』監督:山田洋次 音楽:久石譲 公開予定

映画『家族はつらいよ』が、2016年3月12日(土)に公開される。

本作は、『男はつらいよ』をはじめ、『たそがれ清兵衛』『母と暮せば』など、50年以上にわたりその時代に生きる“家族”を撮り続けてきた山田洋次による、『男はつらいよ』シリーズ終了以来20年ぶりとなる喜劇作品。

山田洋次監督に「最高のアンサンブル」と言わしめたキャスト8名によるドタバタ劇が、ユーモアたっぷりに描かれる。橋爪功×吉行和子が“離婚危機”に瀕する熟年夫婦を演じ、絶妙なコンビネーションを見せるほか、長男夫婦に西村雅彦×夏川結衣、長女夫婦に中嶋朋子×林家正蔵、次男カップルの妻夫木聡×蒼井優と豪華俳優陣が集結。

山田洋次監督は本作の製作にあたって「男であり、女であり、人間であることは、難儀で厄介なことです。でも何とか、生きていかないといけない。そういう意味で、1969年から始まった寅さんシリーズに、『男はつらいよ』というタイトルをつけました。今回、それと全く同じ意味合いで、この映画に『家族はつらいよ』というタイトルをつけました。家族というのは、厄介で、煩わしくて、無くてもよいと思うこともあるのだけれど、やはり切り捨てるわけにはいかない。そのつらさを何とか切り抜けていかねばならない、そのためにあくせく大騒ぎする。そんな滑稽で不完全な人間を、表現したいと思いました」と作品に込めた想いを語っている。

公開されたポスタービジュアルには、『男はつらいよ』シリーズを彷彿とさせる思い切った題字が。かつて同シリーズで日本中に大きな笑いを届けた山田洋次が満を持して送る喜劇作品とだけあって、公開まで期待が高まる。

(各種Webニュース より転載)

 

補足

豪華俳優陣は『東京家族』(2013)と同キャストの再集結であり、久石譲の音楽担当も『東京家族』『小さいおうち』に続いて3作目となる。なお撮影は2014年9月から11月に行われている。また第28回東京国際映画祭(2015年10月開催)にて上映されている。

このことからも久石譲音楽制作は2015年前半もしくは2014年にはすでに完成していることになる。いよいよそれを聴くことができるのが2016年3月ということである。

余談だが、山田洋次監督作品としても公開順番が前後しており、撮影スケジュールとしては「家族がつらいよ」の後に「母と暮らせば」(音楽:坂本龍一)の順番である。「母と暮らせば」が2015年12月に公開される。

 

【作品情報】
『家族はつらいよ』
公開日:2016年3月12日(土)
監督:山田洋次
脚本:山田洋次・平松恵美子
音楽:久石譲
キャスト:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、笹野高史、笑福亭鶴瓶(特別出演)
©2016「家族はつらいよ」製作委員会

公式サイト〉〉〉山田洋次監督作品『家族はつらいよ』公式サイト

「家族はつらいよ」予告編 Youtube

家族はつらいよ ポスター

コメントする/To Comment