Info. 2016/04/20 [雑誌] 「Nagano ARTOlé -長野市芸術館開館記念BOOK-」発売

長野市芸術館の記念ブック「Nagno ARTOlé(アトレ)」が、4月20日より発売されます。
芸術館がオープンするまでの軌跡など、久石も取材等で協力させて頂きました。
独自の切り口で長野市芸術館の魅力に迫る必読の一冊となっています。

「別冊KURA《Nagano ARTOlé》長野市芸術館開館記念BOOK」
価格:1,000円(税込)
※長野県を中心に、隣県・東名阪・北陸方面の書店やコンビニエンスストア、
サービスエリア、パーキングエリア等で販売されるそうです。

(久石譲オフィシャルサイトより 編集転載)

 

出版社・まちなみカントリープレスさんが、長野市芸術館の着工前から取材を積み重ね、開館記念ブックとして発行する「Nagano ARTOlé(アトレ)」がいよいよ明日から発売開始となります。長野市芸術館開館前のこのタイミングで伝えたいこと、界隈の長野市街のこと、そして、長野県や北陸新幹線でつながる隣県のホール・劇場のこと……、128ページたっぷりの内容となっています。

長野県全域及び隣県の書店をはじめ、関東・中京・関西・北陸圏でも発売。コンビニエンスストア(セブンイレブン)でも取り扱います。長野市芸術館の情報ライブラリー/チケットセンターでも取り扱いあり。ぜひ、お手に取ってみてくださいね♪

ウェブでの取り扱い(お問い合わせ)は、まちなみカントリープレス公式ウェブサイトまで。

まちなみカントリープレス

 

着工前から完成までを徹底取材!新しい創造拠点誕生の軌跡

今春、長野市の文化芸術が沸き立ちます!2016年5月8日、「長野市芸術館 」がいよいよ開館。世界と長野市を芸術で結ぶ新しい創造拠点の誕生です。芸術監督は作曲家・久石譲氏。設計は建築家・槇文彦氏。各界の話題を集める「長野市芸術館」の開館記念BOOKがKURA別冊シリーズで実現となりました。

着工前からこれまでに積み重ねた取材により、長野市芸術館の知られざる記録までしっかりとご紹介。巻頭では長野市芸術館の芸術監督・久石譲氏、まつもと市民芸術館の芸術監督・串田和美氏、サントミューゼ館長兼チーフプロデューサー・津村卓氏のスペシャルインタビューを収録。加藤久雄長野市長にも喜びのお話を伺いました。また、長野市内の芸術家や楽器やさん、長野市芸術館周辺のグルメやまちあるきスポットもご紹介。2016年度のコンサート、舞台、イベントのスケジュールも掲載しています。

長野市芸術館の解体新書として、そして開館のこのタイミングでしか発行出来ない貴重な一冊です。

《「NAGANO ARTOlé」とは?》

「NAGANO ARTOlé(ナガノアトレ)」は、今制作のために作った造語です。「アートを応援する、し続ける本。」という意味合いが込められています。長野市芸術館が開館し、新しい芸術創造の拠点が整いました。ここは、皆さんが主役です。一緒にNAGANO アトレしませんか。

公式サイト まちなみカントリープレス内 | NAGANO ARTOle より転載)

NAGANO ARTOle 目次

NAGANO ARTOle

コメントする/To Comment