Info. 2016/07/28 [書籍] 「久石譲 音楽する日乗」発売決定 【装丁Update!】

久石譲による待望の著書が発売されます。「久石譲 音楽する日乗」(小学館)です。本著は、2014年創刊CDマガジン「クラシック・プレミアム」(小学館・全50巻)のなかで、「久石譲の音楽的日乗」として久石譲がエッセイ連載していたものを再編集したものです。

約2年間にわたって執筆されたその内容は、久石譲の日常から、音楽活動、さらには音楽講義までと幅広く、書籍化にあたって大幅に加筆される予定となっています。

 

久石譲 音楽する日乗

〈 書籍の内容 〉
久石譲が綴った「文字になった音楽」
宮崎駿監督や北野武監督の映画音楽の作曲家として知られる久石譲氏は、コンサートのチケットは発売と同時に完売、作曲した曲は中国、台湾などのアジアをはじめ、ヨーロッパなどでも演奏される名実ともに日本を代表する音楽家です。

その久石氏が、クラシック音楽を中心に、音作りや演奏活動から発想の源や思索の原点などについて執筆。特に近年、力を入れているクラシック音楽の作曲と指揮については、その難しさを含め、楽しさ、醍醐味、指揮してわかることなど幅広いエピソードが綴られています。また、氏の原点ともいえる現代音楽を、「現代の音楽」としてあらたに作曲し、演奏、伝え、拡げていくための、格闘にも似た営為を、日常の何気ない思いもはさみながら描写しています。

作曲家であり指揮者、そしてピアノ奏者で、エンターテインメントを知り抜いた久石氏だから創り出せるクラシック音楽、そして「現代の音楽」。その新鮮かつ素晴らしい体験を、コンサート会場と本書で味わってください。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
全体を、「振る」「伝える」「知る」「考える」「創る」の5章で構成。
「創る」では、氏が信頼する音楽学者の小沼純一早稲田大学教授との対談で、「できるだけ話さないこと」を、特別に開陳しています。作曲をはじめたきっかけから、今という時代において曲を創る思いまで、貴重な内容が語り下ろされました。

また、巻末には、30Pにわたる久石譲主要作品リストを収載。あの作品この作品と、久石音楽が聞こえてくるかのような、これも貴重な保存版です。

出典元:小学館公式ホームページ より作品情報転載

久石譲 音楽する日乗

価格:本体1,400円+税
発行年月:2016年07月28日
出版社: 小学館
判型/頁:4-6/256頁
ISBN-13: 9784093884990

 

コメントする/To Comment