Info. 2016/08/04 文春ジブリ文庫「ジブリの教科書 13 ハウルの動く城」発売

米アカデミー賞ノミネートの話題作が登場!

2004年に公開され、二年連続で興行成績ナンバー1となった宮崎駿監督作品。少女ソフィーと魔法使いハウルの運命…読み解き満載。

18歳の少女ソフィーはある日、窮地を魔法使いの美青年・ハウルに助けられる。ところが荒地の魔女に呪いをかけられた彼女は、90歳のおばあちゃんに姿を変えられてしまう。そして目の前に現れた奇怪な「動く城」―。倍賞千恵子、木村拓哉ら豪華声優陣による名作の魅力を、綿矢りさ、美輪明宏、山田洋次らが丹念に読み解く。

ジブリの教科書13
『ハウルの動く城』

【目次】

ナビゲーター・綿矢りさ 本物の美しさとは何か

Part1 映画『ハウルの動く城』誕生
スタジオジブリ物語 時代を反映した『ハウルの動く城』
鈴木敏夫 宮崎作品の中でもっとも苦労した『ハウル』
宮崎 駿 ハウルの動く城 準備のためのメモ
宮崎 駿 イメージボード

Part2 『ハウルの動く城』の制作現場
[作画監督] 山下明彦  山下の味が出ていると宮崎さんに言われました
[作画監督] 稲村武志 自在に変化していくキャラクターの魅力
[作画監督] 高坂希太郎  キャラの感覚を摑むことが求められる『ハウル』
[美術監督] 武重洋二  ヨーロッパの乾いた空気を意識した背景作り
[美術監督] 吉田 昇  抜けるような青空の下を歩く、色鮮やかな城
美術ボード
[デジタル作画監督] 片塰満則 擬態するCG
[ハーモニー処理] 高屋法子  キャラクターとして立たせたかった「城」
ハーモニーって何?
[監督] 宮崎駿
「前向きな悲観論者」の本音
独占インタビュー『ハウルの動く城』
全米公開で宮崎駿監督に聞いた13の質問

映画公開当時の新聞記事を紹介!
ベネチア国際映画祭授賞式での監督インタビュー

Part3 作品の背景を読み解く
・viewpoint・ 美輪明宏 少年の純粋はたまゆらのごとく
鈴木敏夫×山田洋次 対談 映画を愛する二人から映画製作のススメ
from overseas
ディディエ・ペロン ミヤザキの魔法
本田晃子 建築が飛び立つとき
西村醇子 音から読み解く「ハウル」の世界
雨宮まみ プレイボーイには心臓がない
佐藤忠男 『ハウルの動く城』の魔法とはなにか

出典一覧
映画クレジット
宮崎 駿プロフィール

文春ジブリ文庫 ジブリの教科書 13 ハウルの動く城

コメントする/To Comment