Info. 2017/02/11 「アートメントNAGANO2017」 概要発表 (信濃毎日新聞より)

音楽フェス、多彩に 長野市芸術館、7月開催

長野市芸術館を運営する市文化芸術振興財団は9日、同館の文化芸術活動の核となる7月の音楽フェスティバル「アートメントNAGANO2017」の概要を発表した。市民参加の企画や500円ほどで聞くことができる室内楽コンサートなどを新たに計画。同館芸術監督の作曲家久石譲さん(66)と、「かぐや姫の物語」などで知られる映画監督の高畑勲さんとのトークを含め、市民が幅広く楽しめるプログラムを用意した。

久石監督が同館で記者会見して説明した。2回目を迎える今年のコンセプトは「RocktheBeethoven〜クラシックってこんなに楽しい!」。同館を拠点とする室内管弦楽団「ナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)」の2回の定期演奏会がフェスの軸となり、ベートーベンの交響曲第5番と第6番などを演奏する。

長野市のアマチュア男声合唱団ZENと高崎市を拠点に活動するプロオーケストラ群馬交響楽団がオペラ曲などで共演するコンサートを企画。久石さんと高畑さんとのトークでは「かぐや姫―」の音楽が久石さんによってどう作られたかや、高畑さんから見たベートーベン像などが語られる予定だ。

久石さんは「こういう催しは3年やらないと定着しない。今は育てている最中で、僕も精いっぱい注入して頑張ろうと思っている」と話した。

チケット発売は4月22日を予定している。

(2月10日 信濃毎日新聞)

 

◇アートメントNAGANO2017の主な演目

7月8日 19:00-  善光寺本堂(内陣)
「善光寺・奉納コンサート」
久石譲芸術監督のピアノと、ナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)メンバーによる弦楽四重奏

7月9日 14:00-  長野市芸術館
「信州NAGANOを声にのせて~梅田俊明指揮群馬交響楽団」
長野市の男声合唱団ZENによるオペラ曲などやオーケストラによる久石芸術監督の「となりのトトロ」の披露

7月10日 19:00-  長野市芸術館
「世界最高峰の古楽アンサンブル イ・ムジチ合奏団」
ヴィヴァルディの「四季」などを披露

7月11日 19:00-  長野市芸術館
「華麗なるイタリア・オペラの世界 市原愛(ソプラノ)&西村悟(テノール)&トリノ歌劇場の精鋭たち」

7月12日 時間未定  長野相生座・ロキシー
「高畑勲☓久石譲トーク企画~『かぐや姫の物語』の音楽は、どう作られたか」

7月13日 19:00-  長野市芸術館
「MUSIC FUTURE in Nagano 久石譲ミニマル・ミュージック・レクチャー・コンサート」

7月15日 15:00-  長野市芸術館
「NCO第4回定期演奏会」
久石芸術監督の指揮でベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、交響曲第5番「運命」などを演奏

7月17日 15:00-  長野市芸術館
「NCO第5回定期演奏会」
久石芸術監督の指揮で自身のコントラバス協奏曲、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」などを演奏

 

出典:北陸・信越観光ナビ | 長野県のニュース 内

 

コメントする/To Comment