Info. 2018/05 山田洋次監督最新作「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」公開予定

名匠・山田洋次監督がある一家に巻き起こるドタバタ騒動を描いたコメディー映画『家族はつらいよ』シリーズの第3弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』が製作されることが明らかになった。山田監督によると今作は「妻への賛歌」になるという。

渥美清さん主演の『男はつらいよ』シリーズ終了後20年ぶりに山田監督が手がけた喜劇となった第1作『家族はつらいよ』では結婚50年を迎えた平田家の周造(橋爪功)と富子(吉行和子)に熟年離婚の危機が訪れ、第2作『家族はつらいよ2』では周造の旧友が家にやってきて突然死してしまうという騒動が起こった。同シリーズでは山田監督の『東京家族』に出演した8人が家族を演じており、平田家の主である周造と富子の長男夫婦・幸之助と史枝に西村雅彦と夏川結衣、長女夫婦・成子と泰蔵に中嶋朋子と林家正蔵、次男夫婦・庄太と憲子に妻夫木聡と蒼井優がふんしている。

また、シリーズでおなじみの小林稔侍、風吹ジュン、笹野高史、木場勝己、藤山扇治郎、徳永ゆうき、笑福亭鶴瓶も登場するほか、立川志らくが山田組に初参加を果たす。

今作では、周造と富子、そして長男家族が同居している平田家の家事のすべてを担う主婦・史枝にスポットライトが当てられる。ある日の昼下がりに平田家に泥棒が入り、家事の合間にうとうとしていた史枝のへそくりが盗まれてしまう。その後、「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と夫の幸之助に嫌味を言われた史枝は不満が爆発して家を飛び出す。

一家の主婦が不在となった平田家は大混乱に。身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり、周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と、慣れない家事に挑戦するが、そんなことが続くわけもなく…。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。そこで恒例の家族会議が緊急に開かれるのだが、平田家はこの危機を乗り越えることができるのか?

クランクインにあたってスタッフとキャストに向かって「今回は妻への賛歌です」と宣言した山田監督。「専業主婦の家事という仕事がどれだけ大変か、家族にとって主婦の存在がどれだけ重要な意味をもっているか」と話し、「前回の作品は周造の友人が巻き起こす騒動で老人の貧困がテーマだったけれども、今回は(家族の)内側に内在していた夫婦の問題が噴出し、それに対して家族たちがどう対応し、オロオロしながらどう乗り越えていくか、そこが前とは大きな違いです」と説明。「このテーマは、ある種の重みを持っているので、そこをきちんと押さえて、楽しくも味わい深いどっしりとした喜劇をつくりたいと思います」と伝えた。

 

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』
2018年5月全国公開
監督: 山田洋次
脚本: 山田洋次 平松恵美子
出演: 橋爪功 吉行和子 / 西村まさ彦 夏川結衣 / 中嶋朋子 林家正蔵 / 妻夫木聡 蒼井優
制作・配給: 松竹株式会社
スケジュール: 2017年10月3日クランクイン、2017年11月下旬クランクアップ予定
都内近郊・広島県・長野県にて撮影予定

(Webニュース各種より 編集転載)

 

補足)
現時点で音楽:久石譲のクレジットはありませんので、映画続編情報としてお届けしています。

 

 

コメントする/To Comment