Info. 2014/05/03 久石譲 台湾で公演 「風立ちぬ」組曲のニューバージョン披露

音楽家の久石譲が台湾を訪問し、5月2日と5月3日、台北と台南でそれぞれコンサートを開催した。
映画「風立ちぬ」の音楽をまとめた管弦楽組曲のニューバージョンも初披露され、大勢の観客が国際的にも評価の高い音色に酔いしれた。

今回お披露目された「風立ちぬ」の組曲の演奏時間は昨年日本で発表された15分を超える23分で、久石さん自らもピアノの調べを披露。今回の公演では代表作の「Orbis」(オルビス)など難易度の高い楽曲が多かったことから、久石さんはオーケストラと入念なリハーサルを行ったという。

台南でのコンサートは今年3月の時点で全1800席分のチケットが完売するほどの人気となり、主催者側は急遽、会場となった台南市の文化センターのホール以外に、屋外にも大型スクリーンを設置してライブの生中継を実施。無料での公開とあって親子連れなど多くの人々が詰め掛け、「文化センター始まって以来の光景」と盛況振りを語る人もいた。

(台北 5日 中央社) ※中央社フォーカス台湾より転載

Related page:

久石譲 コンサート 2014.5

コメントする/To Comment