特集》 久石譲 クリスマス特集 2013

久石譲 クリスマス

数多くの曲を世に送り出している久石譲。意外にもクリスマス・ソングを作曲したことはありません。それでもクリスマスを連想させる心温まる曲はたくさんあります。そのなかから選りすぐりクリスマスを演出してくれる光瞬く曲を特集!

 

久石譲 PIANO STORIES 2
「White Night」
久石譲 『PIANO STORIES II』 収録

 

タイトルからも唯一のホーリーナイト・ソングと言ってもいい名曲。ピアノと室内楽の優美な調べに、ベルの音色も響きわたる。ノンタイアップながら歌のように印象的なメロディーで聖夜を彩る。雪の結晶が星屑たちと歌う。

※「White Night」はのちに新たに歌詞をつけPOPSアレンジにより「長距離電話」/池田聡 として久石譲プロデュースにて発表されている。

※その後も女性コーラス・グループ リトル・キャロルによって別作詞され「ホワイトナイト」としてクリスマスアルバムに収録されている。久石譲の娘、麻衣が中心となったグループで澄んだコーラスが印象的。

 

今井美樹 flow into space
「遠い街から」
今井美樹 『flow into space』 収録

 

久石譲作曲/編曲による今井美樹オリジナル・アルバム収録曲。イントロのピアノの調べから、徐々に重なりあうストリングス、透きとおった歌声。今井美樹による歌詞も遠く恋人を待ちわびる女性と冬の情景が広がる世界。隠れた名曲であり、この作品のために書き下ろされた貴重な歌曲。

 

久石譲 Asian X.T.C.
「Woman ~Next Stage~」
久石譲 『Asian X.T.C.』 収録

 

コートを身に装いエレガントに歩く女性と煌めく冬の街路樹たち。イルミネーションは彼女のためのスポットライトか。ピアノと弦とハープが女性の内面、美しさと強さを華麗に演出。CM楽曲としても使用されたとても品のある楽曲。

 

久石譲 PIANO STORIES 3
「Cinema Nostalgia」
久石譲 『NOSTALGIA ~PIANO STORIES III~』 収録

 

金曜ロードショーのオープニングでもおなじみだった楽曲。温かく寄り添ってロマンティックな映画でも観ようか。それとも私たちがドラマティックな映画の主人公のように。

 

My Lost City
「冬の夢」
久石譲 『My Lost City』 収録

 

上品なオーケストラとピアノによって紡ぎだされる冬のあしあと。外は雪が降りしきる、オレンジ色の淡い部屋の明かりとぬくもり。冬の夢はどんな景色が広がっているだろう。深く、遠く。

 

久石譲 WORKS I
「SILENT LOVE」
久石譲 『WORKS I』 収録

 

映画「あの夏、いちばん静かな海。」メインテーマ曲。コーラスとヴァイオリンが切なくも涙腺をふるわせる印象的なこの曲がフルオーケストラアレンジとして壮大に甦り、大きな愛によって包みこまれるよう。

 

久石譲 悪人 オリジナル・サウンドトラック
「Your Story ~Vocalise~」 (久石譲×福原美穂)
久石譲 『悪人 オリジナル・サウンドトラック』 収録

 

クラシックのような美しい旋律とヴォカリーズが印象的な祈りの曲。言葉はいらない、キャンドルの小さな光に包まれる小さな世界。その一寸の光は祈りであり、希望であり、夢であり、愛であり。

 

久石譲 MELODY BLVD
「Rosso Adriatico」
久石譲 『MELODY Blvd.』 収録

 

映画「紅の豚」より「真紅の翼」。映画本編ではJAZZYなピアノソロ曲。ここではサックスやハーモニカが大人の雰囲気をバンド演奏にて。ワインが似合う、赤い花、赤いドレス、とにかくアカ(Rosso)が眩い曲。

 

久石譲 MELODY BLVD
「Here We Are」
久石譲 『MELODY Blvd.』 収録

 

映画「青春デンデケデケデケ」より「青春のモニュメント」Vocal ver.。オリジナルもオールディーズな香りを漂わせていたこのインスト曲が美しい英語コーラスによって暖炉を囲んだアットホームな楽曲に。

 

最後は久石譲作曲ではないが、久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ として収められた楽曲たち。

久石譲 WDO BEST
「男と女」 「白い恋人たち」 「アヴェ・マリア」
『W.D.O. BEST』 収録

 

いずれも往年のスクリーンを彩った名作映画の、印象的な名曲たち。オリジナル楽曲を尊重しながらも、緻密で大胆な久石譲フルオーケストラアレンジ。劇中本編ではとても短いテーマ曲たちを、それぞれひとつの楽曲として演出している。

 

>> Special 特集TOPへ戻る <<

 

コメントする/To Comment