Info. 2005/12/12 「ハウル」の久石譲 LA批評家協会音楽賞受賞

12月10日にロサンゼルス批評家協会賞が発表された。このなかで日本の『ハウルの動く城』の作曲をした久石譲が音楽賞を受賞した。次点が発表されるこの賞では、次点はやはり日本映画である『トニー滝谷』を作曲した坂本龍一であった。アメリカの映画の賞では珍しい日本映画、日本人同士の争いだったことになる。音楽賞の日本人の受賞は、1985年の武満徹の『乱』以来20年ぶり2度目である。

久石譲は現代音楽の作曲家として活動をする一方で、映画音楽の作曲も積極的に手掛けている。とりわけ宮崎駿監督のアニメ映画では『風の谷にナウシカ』以来、『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』など数多くの作品を手掛けてきた。今では、宮崎アニメには欠かせない顔となっている。

“Info. 2005/12/12 「ハウル」の久石譲 LA批評家協会音楽賞受賞” の続きを読む

Info. 2005/11/29 メロディーが強かった往年の映画音楽 久石譲に聞く(読売新聞より)

久石譲 『パリのアメリカ人』

メロディーが強かった往年の映画音楽 久石譲に聞く

作曲家でピアニストの久石譲と新日本フィルハーモニー交響楽団によるポップス・オーケストラ「ワールド・ドリーム・オーケストラ」が、新アルバム「パリのアメリカ人」を30日に出す。「シェルブールの雨傘」(1963年)など往年の映画音楽を、久石が意欲的に再アレンジした。収録曲を演奏するツアーを控えた久石に聞いた。(依田謙一) “Info. 2005/11/29 メロディーが強かった往年の映画音楽 久石譲に聞く(読売新聞より)” の続きを読む

Info. 2005/08/19 平原綾香 with 久石譲の「いのちの名前」、着うたで急遽先行配信決定

8/5に放送されたテレビ番組『TBSテレビ放送50周年~戦後60年特別企画~「“ヒロシマ”…あの時、原爆投下は止められた…いま、明らかになる悲劇の真実』。このテーマ曲「いのちの名前」が着うたで急遽、先行配信されることが決定した。

この歌は作曲した久石譲のピアノ伴奏で平原綾香が切々と歌いあげたもの。放送終了後、テレビ局や平原綾香のWebサイトに問い合わせやCD化の要望が殺到。急遽、9/28にCDリリースを発表したが、それでもなお止むことのない問い合わせに応えるため、着うたでの先行配信を決定した。

8/23(火)から「music.jp(ミュージックドットジェイピー)」にて、配信する。CDリリースまで待ちきれないユーザーにとっては、夏休みの素敵な贈り物となりそうだ。

Info. 2005/07/01 メディア情報 [TV・ラジオ・新聞・雑誌]

[TV]
・日本テレビ 「THEワイド」
7月27日出演予定

・テーマ音楽を担当している
NHK 「シリーズ世界遺産100」が放送中です。
NHK総合  月曜~金曜  10:55~  15:55~(再)
土曜 20:40~ (野球中継の場合中止)
日曜 19:55~ “Info. 2005/07/01 メディア情報 [TV・ラジオ・新聞・雑誌]” の続きを読む

Info. 2005/03/12 [ラジオ] ニッポン放送「キャプテン川淵の 行こうぜ!オレたちのニッポン」出演

・AM RADIO ニッポン放送
「キャプテン川淵の 行こうぜ!オレたちのニッポン」
3月12日(土) 19:30~20:00

日本サッカー協会キャプテンの川淵三郎氏がパーソナリティを務められる番組で「明日にかける夢」について存分に語り合う対談番組です。

久石さんは最近のメディアではあまり話していない譜面制作についても話しました。アルバム「FREEDOM」の中から一曲が選ばれ、プレイされます。