Blog. 久石譲 2014年 日/米 アカデミー賞 ノミネート まとめ

Posted on 2014/1/25

アカデミー賞の時期になってきました。そして本家アメリカの第86回アカデミー賞と第37回日本アカデミー賞とふたつありますので、ごっちゃになってしまいます。一般的には米アカデミー賞はハリウッド映画、日本アカデミー賞は邦画が、それぞれ中心にノミネート、受賞となるので区別できるのですが。

なにぶん今回は、2013年公開作品がジブリ・メモリアル・イヤーだっただけに宮崎駿監督 映画『風立ちぬ』と高畑勲監督 映画『かぐや姫の物語』があるため、日/米アカデミー賞をまたいでノミネートされていてごっちゃになっているわけです。久石譲にとってもこの2作品に関わっているため同じことが言えます。

というわけで、久石譲 に関連する アカデミー賞 および 日本アカデミー賞 のノミネートをまとめてみたいと思います。

 

【第86回 アカデミー賞】

まずは2013年12月12日に、こんな一報が入ってきたわけです。
映画「風立ちぬ」 アカデミー賞作曲賞に出品 久石譲候補入り

久石譲はこれまでにアカデミー賞にノミネートされたことはありません。日本人で言うと、第39回(1966年度)でノミネートされた『天地創造』の黛敏郎と、第60回(1987年度)で受賞した『ラストエンペラー』の坂本龍一だけです。

この審査対象の候補作品は114本あり、候補者にはハンス・ジマー、ジョン・ウィリアムズ、ランディ・ニューマンといった常連も含まれていました。

そして。2014年1月16日、ノミネート作品が発表されたのですが、・・・・映画「『風立ちぬ』のアカデミー賞作曲賞はノミネートを逃してしまいました。日本人3人目の快挙に期待がかかっていたのですが、非常に残念です。

ちなみに。
第86回アカデミー賞 作曲賞にノミネートされたのは以下5作品です。

  • ジョン・ウィリアムズ 『やさしい本泥棒』
  • スティーヴン・プライス 『ゼロ・グラビティ』
  • ウィリアム・バトラー、オーウェン・パレット 『her/世界でひとつの彼女』
  • アレクサンドル・デスプラ 『あなたを抱きしめる日まで』
  • トーマス・ニューマン 『ウォルト・ディズニーの約束』

やはり常連もいますが、『ゼロ・グラビティ』のスティーヴン・プライスなんかは新鋭ですね。

 

ノミネート作品が発表された同日、映画『風立ちぬ』はアカデミー賞 長編アニメーション賞にノミネートされました。宮崎監督作品はこれまでに、2003年(第75回)に『千と千尋の神隠し』が長編アニメーション映画部門賞を受賞、2006年(第78回)に『ハウルの動く城』が同部門にノミネートされていて、今回でノミネートは3度目で8年ぶりです。もし同部門賞の受賞となれば11年ぶりとなり、こちらは期待が高まります。

アカデミー賞作曲賞ノミネートは逃したものの、映画『風立ちぬ』がノミネートされましたので、アニメーション賞 受賞を期待です!

 

【第37回 日本アカデミー賞】

こちらはてんこ盛りです。

優秀作品賞に久石譲が音楽を担当した映画『東京家族』がノミネートされています。山田洋次監督50周年記念作品にして初タッグとなった記念すべき作品です。

ちなみに今月1月25日からは、最新作『小さいおうち』が公開されいます。こちらも山田洋次監督と2作目となる音楽担当です。つい先日公開に先がけて「小さいおうち オリジナル・サウンドトラック」も発売されています。

次に、優秀アニメーション作品賞にジブリ巨匠の2作品が。宮崎駿監督 映画『風立ちぬ』と高畑勲監督 映画『かぐや姫の物語』がノミネートされています。どちらが受賞するのか、どちらも受賞してほしいような、複雑な気持ちもありますが。久石譲もこの2作品のどちらも音楽を担当していますし高畑勲監督とは約30年の付き合いにして初タッグとなった作品です。

この「優秀作品賞」と「優秀アニメーション作品賞」のノミネートを象徴するように、なんと!優秀音楽賞には、久石譲が3作品ノミネートされています。『東京家族』『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』です。これはすごい!

久石譲 『東京家族 オリジナル・サウンドトラック』 久石譲 『風立ちぬ サウンドトラック』 かぐや姫の物語 サウンドトラック

もちろん他の候補者、他の作品の音楽賞ノミネートもありますが(下記参照)久石譲がこの3作品のどの作品で「最優秀音楽賞」を受賞するのだろうか?!と今からワクワクしてしまいます。

 

少しさかのぼりますと、第34回日本アカデミー賞では「最優秀音楽賞」を 映画『悪人』で久石譲 受賞しています。

第32回日本アカデミー賞では「優秀音楽賞」に久石譲が2作品ノミネートされました。宮崎駿監督 映画『崖の上のポニョ』と滝田洋二郎監督 映画『おくりびと』です。そして『崖の上のポニョ』で「最優秀音楽賞」を受賞しています。

 

脱線しながらも、今年の日/米アカデミー賞の久石譲関連をまとめました。

※最後にもう一度まとめています

もちろん『東京家族』『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』、それぞれの作品に関連した各受賞ノミネートは他にもたくさんあります。俳優賞、監督賞、脚本賞、照明賞などなど。

あくまでも “久石譲”がメインである「音楽賞」と、主要な作品賞のみを抜粋しました。

ノミネート一覧は下記ご参照ください。
公式サイト:日本アカデミー賞

アカデミー賞も日本アカデミー賞も、最優秀賞の発表は3月です。どちらも今から楽しみですね。

 

☆まとめ☆

第86回 アカデミー賞 (ノミネート発表:1月16日 授賞式:3月2日)

□長編アニメ映画賞 ノミネート作品

  • 『クルードさんちのはじめての冒険』
  • 『怪盗グルーのミニオン危機一発』
  • 『アーネストとセレスティーヌ』
  • 『アナと雪の女王』
  • 『風立ちぬ』

公式サイト:WOWOW「第86回アカデミー賞受賞式」公式サイト
関連サイト:第86回アカデミー賞 ノミネート一覧

 

第37回 日本アカデミー賞(ノミネート発表:1月16日 授賞式:3月7日)

□優秀作品賞 ノミネート作品

  • 『凶悪』
  • 『少年H』
  • 『そして父になる』
  • 『東京家族』
  • 『舟を編む』
  • 『利休にたずねよ』

□優秀アニメーション作品賞 ノミネート作品

  • 『かぐや姫の物語』
  • 『風立ちぬ』
  • 『キャプテンハーロック』
  • 『劇場版魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』
  • 『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』

□優秀音楽賞 ノミネート作品

  • 岩代太郎 (利休にたずねよ)
  • 荻野清子 (清須会議)
  • 久石 譲 (かぐや姫の物語)
  • 久石 譲 (風立ちぬ)
  • 久石 譲 (東京家族)
  • 松本淳一/森 敬/松原 毅 (そして父になる)
  • 渡邊 崇 (舟を編む)

公式サイト:日本アカデミー賞

 

☆おまけ☆

映画「風立ちぬ」 これまでの受賞一覧(2014年1月現在)

  • 2013年興行収入No.1 120億円突破
  • 第34回ボストン映画批評家協会賞 受賞
  • 第85回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(米国映画批評会議賞) アニメーション映画賞 受賞
  • 第80回ニューヨーク映画批評家協会賞 「最優秀アニメーション賞」 受賞

Related page:

アカデミー賞 2014 受賞 ノミネート

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment