Book. 久石譲 「久石譲 35mm日記」

2007年8月6日 刊行 宝島社

 

「ハウルの動く城」「カンヌ映画祭」ほか誰もが聴いたあのメロディの「創造」を本人が語る!初めて公開される中国初の5.1chレコーディング風景チャイナ・フィル、民族楽器の名演を北京にて完全撮り下ろし。

 

2003年から連載がスタートした「雑音ノート」から2007年の「35mmダイアリーズ」に至る約4年間のエッセイが単行本化された書籍。月1回の連載ながら、4年間という時間のなかでの作曲家久石譲が濃密に記されている。

日常的な生活、作曲家としての思い、作品の制作秘話などが、その瞬間を切り取ったような、リアルな情景と言葉で伝わってくる。特にメディアにあまり登場しないだけに、久石譲本人の言葉で、作品の制作過程や、出来上がったものの感想などを垣間見れるのは貴重。

そしてもうひとつの楽しみ方として、その当時触れている映画や書籍のこともたくさん書かれている。どんな映画を観て、どんな本を読んでいるのか、どんな作品が好きか。クラシック音楽やミニマル・ミュージック、作曲家や作家。

自分の好きな人が触れている他の芸術作品、そこからまた数珠つなぎのように世界が広がっていくような嗜み。創作活動や芸術作品へのリンク。

 

 

35mm日記 DVD付

(帯付き装丁)

 

【目次】

まえがき

いつか夢は叶う
昨日とは違うボク

「ETUDE」

プラハ前夜
友人へのメール
勝ち負け

「ハウルの動く城」

宮崎・久石コンビはこうして生まれた 鈴木敏夫

読まずには眠れない
羊たちのド沈黙!
バスター・キートン
夏場のラーメン

WDO (ワールド・ドリーム・オーケストラ)

日本人とフランス人
「リッスン・ジョー」

「カンヌ映画祭」の舞台裏

強制休養
幸福に至る道
ストラディバリ
転がり降りて

「FREEDOM」

映像と現実の間
ボクの「青春」
アナログ・フィルム
感謝御礼
Leica
イー、アール、サン!

読書と映画

マイ・ファニー・バレンタイン
イサム・ノグチ
作曲と客観性
LPレコードと「記憶」

ミニマルミュージック

北京海賊版事件
北京、再び
ボクは無趣味な人間…?
ソウルの「50歳酒」
クラシックの難しさ
スタインウェイとロンドン

「Asian X.T.C.」

来るよ来るよ、あそこが
久石の法則
アジア・オーケストラ・レポート

ボクの中のアジアは?

特別対談
山折哲雄(宗教学者) X 久石譲 「神」なき時代の音楽

主要作品リスト

あとがき
DVD解説

 

原稿初出:月刊「宝島」(宝島社刊) ※目次太字
「雑音ノート」(03年7月~05年2月)
「35mmダイアリーズ」(05年7月~07年1月)

DVD付き(約31分)
久石譲アジアをゆく
~中国初の5.1chレコーディングに挑む~
中国映画『叔母さんのポストモダン生活』

 

単行本: 160ページ
出版社: 宝島社
言語: 日本語
ISBN-10: 4796657134
ISBN-13: 978-4796657136
寸法: 21.2 x 14.6 x 1.2 cm

 

カテゴリーBook

コメントする/To Comment