Disc. 久石譲 『効果音楽ライブラリー 9 未知の世界』

1978年6月 LP発売
1992年10月1日 CDS発売

効果音楽シリーズ 全10作品
LP盤:効果音楽ライブラリー (1-10)
CD盤:ミュージック・エフェクト・コレクション (1-10)

ステレオ新録音
名場面を演出する コロムビア効果音楽ライブラリー
監修・構成:羽仁進 音楽:久石譲

 

「効果音楽ライブラリー 9 未知の世界」

 

8ミリでも、演劇でも、あるいはVTRでも、一つの作品に生命が吹き込まれるキメ手は、仕上げです。どんなによい素材にめぐまれ、製作の過程が順調でも、最後の仕上げがうまくいかないと、観客にはなにも伝わらないで終ってしまいます。自分では力一杯やったと思うのに、さっぱり反響がない。そんな場合に、まず検討して見る必要のあるのも仕上げの方法です。

音楽はそのなかでも、特に大切なものです。音楽の使い方ひとつで、同じ作品がまるで違ってしまったという体験は、アマでもプロでもみんな持っている筈です。

舞台上の演出でも、映像作品でも、観客の心に働きかけないと成功しません。いくら説明が巧みでも、それだけでは、頭にしか通じない。心に働きかけ、感情を動かすことが必要です。音楽は、なによりもその点に、強い力をもっているのです。

テーマ音楽とよばれるものがあります。作品の中心になる人物、出来事、主張、象徴などを表現する音楽です。観客の心と、作品の官女を一つにする、その中心として働く音楽です。みなさん方は、このレコード集の中から、めいめいの作品に一番ぴったり合ったものを見つけ出して下さい。音楽を探していく作業は、いろんな意味で興味深いものがあります。この曲が適当だろうか、あの曲が良いか、と考えることは、台本や計画をもう一度考え直すことにもなるので、演出プランを作る全体の作業にも大変役に立ちます。不世出の喜劇役者チャップリンが、出演する作品の演出は、すべて自分でやったというのはよく知られていますが、音楽の作曲から編曲まで、すべて自分でやったことは御存知でしょうか?

あなたも、チャップリンのようなつもりで、このレコードの中から、気に入る音楽をえらび出し、それを自分の手で構成してみて下さい。音楽はそれ自体の美しさもさりながら、配置によってまるでふんい気が変わります。また、タイミングが大切です。

どのキッカケで音楽を出し、どこから音楽をおさえてセリフに入るか。つきない楽しみが生まれてくるのです。

(LPライナーノーツより)

 

未知の世界

空には多くの宇宙衛星やロケットが飛び交い、アクアラングやシュノーケルが決して特殊な道具ではなくなった今日、宇宙や水中が演劇や映像の舞台としてしばしば登場してくるのは当然ともいえるだろう。しかしいわゆる未知の世界への憧れがこんなにも強いのは、単にこのような現実を反映しているとだけでは説明ができない。科学や技術の発展が未知の世界への夢を育てたとしても、そこから夢はさらに変質して、技術を超え、科学を否定しようとさえするのである。未知の世界は一面で現実の人間生活に対する反発だったり、逃避だったり、批判だったりする。となれば、いわゆる宇宙音や水中音も単にそれらしい場面の伴奏としてしか使い道がないわけではなかろう。空想科学的な効果音楽として使用するだけでなく、心理的な効果として演出する事も可能なはずだ。そんな耳で聞き直すと、一層おもしろさがでてくるだろう。

1.宇宙音 A
いわゆる宇宙的な環境音の性格を備えている。

2.宇宙音 B
宇宙音としてだけでなく、孤独な大空を行くジェット機の世界を連想させるような音である。

3.宇宙音 C
風の音を連想させるような所がある。常に冷たい風が吹きすさぶ北氷洋のイメージなどが浮かんでくる。

4.宇宙音 D
4曲の中では最もメロディアス。暗黒の宇宙の長い長い旅の果に突然美しい星の断片が所々に見えてくる。そんな場面が心に浮かんでくる。

5.地底音
深く深く地球の体内の奥底をもぐっていくような地底探検のイメージだ。広い洞窟。鍾乳洞だろうか。鉱物を守る小人たちが住むという魔法の世界だろうか。ポタリポタリと水滴の音を連想する。岩の柱からしたたり落ちる地球の汗だろうか。

6.水中音 A
青の世界へ深く深く潜っていく。太陽の光に背をむけて…。大海原の底からは泡が浮かびあがってくる。

7.水中音 B
泡の音と思われたものがだんだん激しいリズムに変化していく。

8.水中音 C
水中の世界はこの曲で最も象徴化されている。

9.特殊音 A
実験室の世界だろうか。科学の前衛というイメージだ。

10.特殊音 B
わきあがるような音が遥かな高みをめざして上昇していく。

11.衝撃音 A
何かが新しく生まれてくるような期待が感じられる。

12.衝撃音 B
破壊的。

13.衝撃音 C
飛行物体がおびやかすように通りすぎていく。そんな連想を呼び起す。

14.マンガ音 A
クスクスと笑うようなおかしさ。

15.マンガ音 B
高笑い、誇張が印象的。

16.マンガ音 C
道化た笑い。

17.原始リズム A
激しいリズムの中で淋しい笛が鳴る。荒野のイメージである。

18.原始リズム B
静かな緊張の中から徐々に盛り上っていく民俗的な踊り。

19.原始リズム C
踊り手と太鼓がかけあいながら相手を刺激し興奮させ、クライマックスに盛り上げていく。そんなドラマのおもしろ味が感じられる。

20.ドラム・ソロ
21-23.短い効果音(スチールギター、エレキベース、トランペット)
24-27.琴 A・B・C・D
それぞれの楽器の特性を生かした短いが個性的なコード。人間生活を描くドラマの中でも使い道が多いだろう。

(CDライナーノーツ より)

 

(LPジャケット)

 

ミュージック・エフェクト・コレクション 9 未知の世界 sc 8cm

1.宇宙音 A BGM
2.宇宙音 B BGM
3.宇宙音 C BGM
4.宇宙音 D BGM
5.地底音 BGM
6.水中音 A BGM
7.水中音 B BGM
8.水中音 C BR
9.特殊音 A BGM
10.特殊音 B BR
11.衝撃音 A BR、C
12.衝撃音 B BR、C
13.衝撃音 C BR、C
14.マンガ音 A BR、C
15.マンガ音 B BR、C
16.マンガ音 C BR、C
17.原始リズム A BGM
18.原始リズム B BGM
19.原始リズム C BGM
20.ドラム・ソロ BGM
21.短い効果音 スチールギター C
22.短い効果音 エレキベース C
23.短い効果音 トランペット C
24.短い効果音 琴 A BR、C
25.短い効果音 琴 B BR、C
26.短い効果音 琴 C BR、C
27.短い効果音 琴 D BR、C

*BGM(バックグラウンドミュージック)、BR(ブリッジ)、C(コード)

 

コメントする/To Comment