Disc. 久石譲 『アリオン イメージアルバム -風・荒野-』

1985年10月25日 CD発売

1986年公開 映画「アリオン」
監督:安彦良和 音楽:久石譲

 

久石さん-温い音の語り部

久石さんはサウンドで物語を描く天才だと思う。音痴の僕にはよく判らないが、ちょっと他にはないよという位の、そのくらい大変な人なのではないかと思う。

数年前、喘息の発作で死んでしまった学生時代からの友人がブラリと僕の家にやってきた時に、その奥さんが小意気にウォークマンで聴いていたのがヴァンゲリスのシンセ・ナンバーだった。ちょいと拝借して瞬間に「ギリシャ」を感じ、拙作の「アリオン」に音を乗せるなら”これだ!”と思った。ただし、そんな機会に実際に出会えるかどうかは、まったく意の外にあった。

久石譲さんという人に、最初にお会いしたのは確か2年前の初秋の頃である。「アリオン」の2枚目のアルバムをどうか…ということで、徳間の事業部の方々と御同道で、わざわざ所沢の僕の仕事場を訪ねてこられたのだった。この時はマズイ行きちがいがあって、僕には大体その気がなかったものだから、文字通りの御足労に報いることが出来ず、出会いもそれっきりになってしまった。

この時に久石さんが「ナウシカ」のイメージアルバムに着手されていることを聞いた。そして本編「ナウシカ」の曲世界が、同じ久石さんの作であることは、観劇の後で知った。

久石さんの印象は2年前も現在も、「らしくない音楽家さん」である。ふっくらとした優しい風貌も、手土産を下げて汚ないアニメスタジオを訪ねてくれる気さくさも、全く、僕などが持っていた「音楽作家(ミュージシャン)」のちょっぴり気どったイメージとはかけはなれている。多分久石さんは、あれこれ営業用の顔や所作のなんかを、もともと必要としない人なのだろう。ただひたすらに真摯な、「音の作家」そのものの人なのだろう。

失礼かなとは思いつつ、メインのイメージにはヴァンゲリスへのこだわりをサジェストした。素朴で、美しくて、物語性を感じさせるものを…と。僕の注文はいつもながら舌っ足らずな、つたないものだった。

出来あがった曲はキャンペーンの旅先で聞いた。僕は一ぺんに幸せになった。

出会いはちょっぴりマズかったけれど、久石譲という人をしることの出来た喜びを、僕は今、しみじみかみしめている。

原作・監督/安彦良和

(CDライナーノーツ より)

 

 

アリオン イメージアルバム

1. 前奏曲(プレリュード)
2. 風・荒野(メイン・テーマ)
3. セネカ
4. 海の軍団
5. 運命の糸
6. 魔宮
7. レスフィーナ
8. 輝く大地-土と祭り-
9. 輝く大地-オリンポスへ-
10. 風・荒野(エンディング・テーマ)

プロデューサー:久石譲
音楽・演奏:久石譲

歌唱:佐藤ひさら・杉野正隆

録音スタジオ:WONDER CITY STATION , SUNRISE STUDIO

コメントする/To Comment