Info. 2015/03/12 久石譲 イタリア ウディネ・ファーイースト映画祭 特別功労賞受賞

この度、4月23日(木)よりイタリア、ウディネで開催される第17回ウディネ・ファーイースト映画祭(Far East Film Festival)にて、久石譲が特別功労賞である黄金マルベリー賞を受賞し、現地時間4月23日(木)にRTVスロベニア交響楽団と特別コンサートを開催することが決定した。

ウディネ・ファーイースト映画祭とは、1999年の第1回開催以来、毎年4月末に開催されている。東アジアおよび東南アジアの最新の映画作品をメインとし、毎年、対象各国の特集上映を行っている。過去には『20世紀少年』、『おくりびと』、『テルマエ・ロマエ』シリーズや『俺俺』などの上映を行い、日本映画の情報発信映画祭として、世界中から注目されている。

映画祭ディレクター、サブリナ・バラチェッティは、「我々は、映画を通して久石譲が作り上げる音楽に恋をしています。我々というのは、オペラやクラッシックに慣れ親しんでいるイタリア人としての意見です。我々イタリア人は、子供の頃から、様々なイタリアの名作映画(セルジオ・レオネ監督やフェデリコ・フェリーニ監督等の作品)で使われている素晴らしい音楽に触れているので、音楽が映画にとって最も重要な役割を持つということも理解しています。そんな私達にとっても、久石譲は偉大な存在感を持って、私達のハートを掴んで離しません。過去に彼が手がけた映画の数々は、彼の音楽なしでは、全く違ったものになっていたでしょう。 今回の授賞は、そんな彼の功績を讃える以上に、 彼の行き方に尊敬を表する意味をも持ちます。ニーチェが『音楽がない人生は、考えられない』というように、この賞は彼の人生に当てはまるでしょう。」と、絶賛している。

今回、過去にオーケストラ81曲も手がけた、日本を代表する指揮者であり作曲家の久石譲が、イタリアのウディネにあるヌオボ劇場に来場、特別イベントを開催され、今回の演曲は、北野武監督や宮崎駿監督作品の中からセレクション、また2008年にアカデミー外国語部門最優秀賞を受賞した『おくりびと』の楽曲などをセレクションする予定だ。

(Webニュース 各種より 転載)

Related page:

久石譲 イタリア 受賞

コメントする/To Comment