Info. 2018/05/10 「ジブリの教科書 18 風立ちぬ」(文春ジブリ文庫)発売

実在の人物である零戦の設計家、堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説『風立ちぬ』にも着想を得て描かれた、宮崎駿原作・脚本・監督による2013年公開の作品。

国内外で高い評価を受けた本作について、柳田邦男をはじめ、武田頼政、小橋めぐみ、岡崎琢磨、岩宮恵子、半藤一利らが読み解く。

(出版社より)

 

013年の公開後、一時は監督引退を発表。その後に撤回して現在は『君たちはどう生きるか』を製作中の、宮崎駿による今のところ最新の長編アニメ映画。

堀越を何度も取材した作家の柳田邦男さんは、公開時にはこの映画を観ていなかったものの、あらためてご覧になり、「零戦やその作り手を単純に讃美せず、少年が夢にむかっていく素直な表現が、時代を超えて普遍性を持つ映画にしている」と絶賛。

他にも航空機に詳しいノンフィクション作家の武田賴政さん、女優の小橋めぐみさんらが、この映画を読み解きます。

(担当編集者より)

 

補足)
本書には「風立ちぬ ロマンアルバム」等に掲載された久石譲インタビューは収められていません。

 

 

公式サイト:文春ジブリ文庫 | ジブリの教科書 風立ちぬ
http://www.bunshun.co.jp/bunko/ghibli/kyokasho/kazetatinu.html

 

堀越二郎を何度も取材した柳田邦男氏も絶賛
零戦を設計した堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説にも着想を得て作られた。これを最後に宮崎駿が一度は引退発表した作品を読み解く。

ジブリの教科書18
『風立ちぬ』

ナビゲーター・柳田邦男 夢がついえた後に残るもの

Part1 映画『風立ちぬ』誕生
スタジオジブリ物語 力を尽くした『風立ちぬ』。その後の引退と再始動
鈴木敏夫 数々の葛藤や偶然の末に生まれた
宮崎 駿 企画書「飛行機は美しい夢」
宮崎駿イメージボード 空を飛ぶ夢

Part2 映画『風立ちぬ』完成報告会見
特別収録 ファンタジーを作れない時代に“力を尽くした”映画
庵野秀明×松任谷由実×宮崎駿 司会:中山秀征

Part3 『風立ちぬ』の制作現場
[作画監督] 高坂希太郎 カットの表現力こそ宮崎映画の真価
[美術監督] 武重洋二 今まで以上に思い切りが必要でした
[色彩設計] 保田道世 試写を観て清々しい気分になりました
声の出演
ヒロイン菜穂子と二郎を導くカプローニ
瀧本美織/野村萬斎

Part4 作品の背景を読み解く
・viewpoint・ 武田頼政 わずかな零戦の登場シーンに心が揺さぶられる理由
小橋めぐみ 美しい風
岡崎琢磨 美しき愛と生への礼賛の物語
岩宮恵子 思春期のうつくしい夢とかなしみ
半藤一利 献辞「堀辰雄に敬意を込めて」の意味

出典一覧
宮崎駿プロフィール
映画クレジット

 

文庫: 208ページ
出版社: 文藝春秋
言語: 日本語
発売日:2018年5月10日

 

コメントする/To Comment