Info. 2019/03/10 [TV] 日本テレビ「皇室日記」新テーマ曲 久石譲 紹介

2019年3月10日(日)6:00~6:15
日本テレビ「皇室日記」

特集「友人が語る皇太子さま」
▽幼稚園時代からの同級生・音楽仲間が語る皇太子さま

▽「皇室日記」新テーマ曲 久石譲氏が奏でる「新時代」とは・・・

公式サイト:皇室日記|日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/koushitsunikki/index.html

 

 

オープニングトーク

5月新天皇に即位される皇太子さま。そのお人柄について友人に話を聞いた。そして新時代に向けて『皇室日記』の新しいテーマ曲が完成した。作曲は久石譲。

友人が語る皇太子さま

5月新天皇となられる皇太子さま。昭和39年、皇族として初めて学習院幼稚園に入園された。これは「一般の子供たちと同じように育てたい」という天皇皇后両陛下の強い希望によるものだった。中等科3年岩手県八幡平への修学旅行で、同級生の小山さんはこの時初めて皇太子さまと天皇になることについて話したという。今年のお正月東宮御所でご夫妻に会った時の様子について小山さんは、今後も歴史研究を続けたいとおっしゃっていましたと話した。

後輩の白石都志雄さんは学生時代からの音楽仲間である。大学卒業後は公務が増え自由な音楽活動が難しくなられた皇太子さま、白石さんと音楽仲間は皇太子さまのためにオーケストラを結成した。

皇室日記 新テーマ曲

2月、川崎市にある読売日本交響楽団で『皇室日記』の新しいテーマ曲のレコーディングが行われた。作曲した久石譲は「新しい時代の風みたいなそういうような感じに仕上がるといいなと思いましたね」と語った。また「皇太子さまがビオラ弾かれてるっていうのは何となく風のうわさでは聞いてましたけども、それを意図したわけではないんですが、いい具合に一致したのはとてもありがたいです」と話した。

出典:TVでた蔵|皇室日記2019年3月10日
https://datazoo.jp/tv/

 

 

久石譲 談

「『皇室日記』という番組でもあることもあってできるだけひと言で言ってしまえば堂々とした曲。天皇の代も替わるしいろんな意味で新しい時代が来ると。新しい時代の風みたいなそういうような感じに仕上がるといいなとは思いましたね。」

「大っきいこう大河が流れてくような楽曲にしたい。そうするとメロディーが高いほうできらびやかにするよりは、こうお腹の底からと言いますかね、割と低いほうからガツっと音楽を支えたほうがいい。それでやはりビオラが何かね、あの音域のメロディっていうのはとても自分にとっては今回合うなと思いまして。」

「皇太子さまがビオラ弾かれてるっていうのは何となく風のうわさでは聞いてましたけども、意図したわけではないんですがいい具合に一致したのはとてもありがたいです。」

(TV番組より書き起こし)

 

 

 

番組では久石譲インタビュー、レコーディング風景(弦楽パートへの細かい指示など含む)、そして新テーマ曲フルサイズ(約3分弱)がオンエアされました。

 

新テーマ曲は5月5日放送からです。

作曲:久石譲
演奏:読売日本交響楽団

 

 

コメントする/To Comment