Info. 2019/05/09 「音楽家久石さん 仙台フィル楽団 宮野森小でコンサート」(石巻日日新聞より)

音楽家久石さん 仙台フィル楽団 宮野森小でコンサート

指揮とピアノにうっとり

世界的作曲家で映画音楽界の巨匠・久石譲さんと仙台フィルハーモニー管弦楽団のアウトリーチコンサートが4月28日、東松島市立宮野森小学校の体育館で開かれた。オーケストラ楽器体験をはじめ、矢本第一、二中学校吹奏楽部の合同演奏もあり、多くの市民がクラシック音楽に触れた。

 仙台フィルは、東日本大震災後から定期的に被災地でのコンサートを開催してきた。今回は仙台フィルとツアーを組む久石さんが支援活動に共感し、仙台市での公演を前に地域貢献で出張コンサートを繰り広げた。

 宮野森小校舎の教室などを使った楽器体験会があり、子どもたちが楽団員からクラリネットやフルートの吹き方を習ったり、木琴などの打楽器を自由に鳴らしていた。

 コンサートには市民約400人が参加。モーツァルトの「フィガロの結婚」やジブリ映画「魔女の宅急便」の楽曲で久石さんが指揮を執り、自らピアノで映画「おくりびと」のテーマ曲も披露。「クラシック音楽に親しんでほしい」と楽曲解説も行った。

 市内から訪れた鈴木愛生さんは「オーケストラを間近で聞くのは私も子どもたちも初めて。指揮も演奏も迫力があり、とても感動した。楽器体験も楽しかった」と語っていた。

出典:石巻日日新聞
https://hibishinbun.com/news/?a=9475

 

 

コメントする/To Comment