Info. 2021/07/08,10 「JOE HISAISHI FUTURE ORCHESTRA CLASSICS Vol.4」コンサート開催決定!! 【11/17 Update!!】

Posted on 2020/09/01

※再始動のお知らせ※

新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、一旦全公演を中止した「JOE HISAISHI FUTURE ORCHESTRA CLASSICS」シリーズを再始動します。2021年2月にVol.3、7月にVol.4を開催し、止まったままになっていたブラームス交響曲ツィクルスを再開します!

※感染拡大予防対策※
※Vol.2の無料配信※
(→詳細は公式サイトをご覧ください。)

 

 

2020.11.17 Update!!
演奏曲目が更新されました。

ベートーヴェン/久石譲:弦楽四重奏曲《大フーガ》Op.133
レポ・スメラ:交響曲第2番
ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90

 

 

 

ブラームス交響曲ツィクルスはクライマックスへ!

久石譲の指揮とFuture Orchestra Classicsの演奏でブラームスに新たな光が射す!

 

◆久石譲 フューチャー・オーケストラ・クラシックス Vol.4◆

近年は指揮者としての活動にも積極的な久石譲が、作曲家の視点でクラシック曲の新たな魅力を引き出すシリーズ、それが「Joe Hisaishi FUTURE ORCHESTRA CLASSICS」です。長野市芸術館で2016年から3年にわたり芸術監督を務め、日本の若手トッププレーヤーによる「ナガノ・チェンバー・オーケストラ」を結成した久石譲は”ベートーヴェンはロックだ!”のコンセプトのもと、ベートーヴェンの全交響曲を3年かけて指揮。かつてない現代的なアプローチで聴衆を熱狂させました。また、演奏をまとめたCD全集「ベートーヴェン:交響曲全集」も高い評価を受けています。「僕は作曲家として活動しながら、ある時期からオーケストラの指揮もするようになりました。そこでひとつの形に残したいと考えたのが、一人の作曲家の生涯の作品を通して、その作曲家が何を表現したかったのかを追求することでした」と語る通り、作曲家ならではの視点で分析したベートーヴェンは、推進力と活力に溢れたものになりました。
こうした活動を通して新しく生まれたのが「FUTURE ORCHESTRA CLASSICS」です。「ナガノ・チェンバー・オーケストラ」をベースに「Future Orchestra Classics」を新たに結成し、2019年7月に「Vol.1」を開催。久石譲ならではのアグレッシブな解釈でベートーヴェンの交響曲5番と7番を披露し、クラシックファンから若い聴衆まで熱い支持を得ました。2020年2月の「Vol.2」からはブラームスの交響曲シリーズに取り組み、さらに期待が高まっています。

《出演》
指揮:久石譲
管弦楽:Future Orchestra Classics
コンサートマスター:近藤薫

《プログラム》
ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90 他

※曲目・曲順は変更になる可能性がありますのでご了承ください。

2021年7月8日(木)19:00開演 東京・東京オペラシティコンサートホール
2021年7月10日(土)17:00開演 長野・長野市芸術館

チケット
東京公演 S席指定:¥6,900(税込) A席指定:¥6,400(税込)
長野公演 全席指定:¥6,900(税込)
※未就学児入場不可

抽選先行受付
9/1(火)12:00~9/10(木)23:59

日テレゼロチケ
読売新聞オンライン
ローチケ
イープラス

一般販売
9/26(土)10:00~

 

企画:ワンダーシティ
主催:日本テレビ / 読売新聞社 / イープラス / ローソンチケット / 第一通信社
制作:プロマックス
問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(オペレーション受付 平日 月~金 12:00~15:00)

公式サイト:
https://joehisaishi-concert.com/foc-2020-jp/foc-vol4/

 

 

コメントする/To Comment