Blog. 「久石譲 ジルベスターコンサート 2019 in festival hall」 コンサート・パンフレットより

Posted on 2020/01/02

2019年大晦日「久石譲 ジルベスターコンサート 2019 in festival hall」が開催されました。2014年から6年連続になります。

今回のプログラムはまさにアメリカン・プログラム。アメリカ合衆国の音楽史をたどるような、アメリカの作曲家、アメリカで生まれた音楽、アメリカの歴史とともに演奏されてきた作品たち。そして、久石譲の音楽とも共鳴しあうような作品たちが選ばれています。

 

 

久石譲 ジルベスターコンサート 2019 in festival hall

[公演期間]  
2019/12/31

[公演回数]
1公演 (大阪 フェスティバルホール)

[編成]
指揮・ピアノ:久石譲
管弦楽:日本センチュリー交響楽団
ナレーター:夏木マリ (となりのトトロ)

[曲目] 
サミュエル・バーバー:弦楽のためのアダージョ Op.11
レナード・バーンスタイン:「ウエスト・サイド・ストーリー」より シンフォニック・ダンス

—-intermission—-

ジョン・アダムズ:ザ・チェアマン・ダンス (管弦楽のためのフォックストロット)
久石譲:オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」

—-encore—-
Il Porco Rosso (Pf.Solo)
World Dreams

[参考]

久石譲 オーケストラストーリーズ となりのトトロ

 

 

 

ここでは、会場で配られたコンサート・パンフレットより本公演をご紹介します。

 

 

プログラムノート

サミュエル・バーバー:弦楽のためのアダージョ Op.11

留学先のイタリアで《弦楽四重奏曲第1番ロ短調》を作曲し、その第2楽章が後に《弦楽のためのアダージョ》となった。初演は、1938年11月5日、アルトゥーロ・トスカーニ指揮、NBC交響楽団で行われた。1986年公開のアメリカ映画「プラトーン」の戦争シーンで使われて特に有名になった。

 

レナード・バーンスタイン:「ウエスト・サイド・ストーリー」より シンフォニック・ダンス

ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』がブロードウェイで爆発的にヒットしたのは1957年の9月だった。その主要曲を編曲してオーケストラのために組曲にしたのがこのシンフォニック・ダンスだ。1.プロローグ 2.サムウェア 3.スケルツォ 4.マンボ 5.チャチャ 6.出会いの場面 7.クール 〜フーガ (Fugue) ~ ランブル 8.フィナーレ 全曲続けて演奏される。ルーカス・フォス指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏により、1961年2月13日カーネギー・ホールで初演された。

 

ジョン・アダムズ:ザ・チェアマン・ダンス (管弦楽のためのフォックストロット)

1985年のオペラ『中国のニクソン』第3幕からのアウトテイク(最終的に使わなかった曲やモチーフ)で全体を構成している。当時、ミルウォーキー交響楽団の委嘱作品の納期がかなり遅れていたのだが、『中国のニクソン』の第3幕のシナリオを読んで、こちらを先に書き始めずにはいられなくなった。『ザ・チェアマン・ダンス』は毛沢東と彼の妻江青(「毛夫人」と名高く、煽動者・革命殺人者・痛ましい中国の文化大革命の影の指導者と言われている)とのフォックストロット(社交ダンスの一種のリズム)で始まる。いくつかの主題は時折セクシーでセンチメンタル、また華麗ではずむような力溢れるモチーフを骨組にしている。

ジョン・アダムズ(John Adams Official Website より)

 

久石譲:オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」

オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」は2002年に映画「となりのトトロ」をもとにナレーションとオーケストラの楽曲として再構成した。プロコフィエフの「ピーターと狼」のような作品が日本にも必要だと考えたからだ。オーケストラの楽器紹介もそこからヒントを得た。今回、夏木マリさんがナレーションを担当する。作曲者としてはとても楽しみにしている。

 

(「久石譲 ジルベスターコンサート 2019 in festival hall」コンサート・パンフレット」より)

 

 

リハーサル風景

I’m in Osaka. Rehearsal with Japan Century Symphony Orchestra for Silvester Concert.

from 久石譲オフィシャルツイッター

 

 

終演後

Silvester is over. Thank you very much Mari-san! It is my great pleasure to play “Orchestra Stories My Neighbor Totoro” with you. Also thank you to everyone who came to my concert. I hope you enjoyed it. Have a wonderful new year!!

from 久石譲オフィシャルツイッター
https://twitter.com/official_joeh

 

 

2019年開設された久石譲公式Twitterでも上のように投稿されていました。リアルタイムな発信はうれしい限りですね。

ひとり言、、、おそらくな方程式です、久石さんご本人のツイート(ご本人の声)のときは、英語になっていて、スタッフからのインフォメーションなどのツイートは日本語になっている。そう使い分けて区別しているように思います。今のところですが。ツイートの最後に署名として「Joe」とでも書いていただけたとして、これから日本語でも、気軽にリアルタイムに、いろんな声を発信してほしいなあと思っています。もちろん英語でもウェルカムです!

 

 

from 夏木マリ公式インスタグラム
https://www.instagram.com/mari_natsuki/

 

こちらは、ナレーションを務めた夏木マリさんの公式Instagramより。映画『千と千尋の神隠し』で湯婆婆・銭婆の声を担当しています。本公演では、その温かく強く優しいナレーションで、観客を一気に惹き込んだ、SNSの感想でもうれしい感動の声がたくさん聞かれました。

 

 

アンコールで披露された「World Dreams」について。

「久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ」WDOコンサート、新日本フィルとの定番曲です。それは、WDO独占披露という印象すらありました。実際に、これまで他演奏会で披露されたことは限りなく少ないです。合唱版にもなり、2019年には組曲も誕生。11月には「ABU ソングフェスティバル in Tokyo」でも東京フィルハーモニー交響楽団と共演。これまでの縛りから解き放たれたこの作品は、これから普遍的なアンセムとなって、いろいろなコンサートいろいろなオーケストラで響きわたっていくかもしれませんね。海外オケとの”世界の夢”も聴いてみたい!英語詞とかもいいですね!

 

 

 

カテゴリーBlog

コメントする/To Comment