Info. 2018/12/19 プラネタリアTOKYO 『To the Grand Universe 大宇宙へ music by 久石譲』決定!! 【12/11 Update!!】

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」 2018年12月19日グランドオープン!

『久石譲』が全曲書き下ろし!オープニング作品の上映が決定!!

プラネタリア TOKYOのもう一つのオープニング作品には、世界的作曲家・久石譲が全編にわたり楽曲を提供。久石譲がプラネタリウムの音楽を書き下ろすのはキャリア初となります。自らタクトを振るい、『宇宙』をテーマにオーケストラ編成による壮大なサウンドスケープを完成させました。さらに、本作は最新の立体音響システム「SOUND DOME®」に対応しており、まるで実際に目の前でオーケストラが演奏しているかのような、重厚かつ繊細な音響空間を構築します。

本作のテーマは、宇宙飛行士が体験した“本当の宇宙”。日本人宇宙飛行士の土井隆雄さん、山崎直子さん、大西卓哉さんの体験を元に、そこから見える宇宙の光景(すがた)を、コニカミノルタプラネタリウムの最新投映機「Cosmo Leap Σ(コスモリープ シグマ)」と全天周CG映像で再現します。

宇宙と音楽が融合する、唯一無二のプラネタリウムをお楽しみください。

※本作品は2018年12月中旬の開業に合わせ上映を開始予定です。
※作品の詳細は後日、本WEBサイトで発表いたします。

公式サイト:プラネタリア TOKYO in 有楽町マリオン | コニカミノルタ プラネタリア
 https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

出典:同サイト内 トピックス
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/event/#eventHisaishi

公式サイト:プラネタリア TOKYO 特設サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/special/

 

ドーム裏側に配置された43個のスピーカーと、壁背面の4個のウーファーで構成した立体音響システム「SOUND DOME」が、前後左右に加え上下や回転といった、きめ細かな音像移動を表現。オーケストラによる演奏や環境音を忠実に再現することで、リアルな体験を提供する。

参考記事:
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1147315.html 
https://www.fashion-press.net/news/38403

 

 

2018.12.11 Update!!

オンラインチケット予約スタート。

チケット販売について
※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。
※オンライン購入は、上映開始の1時間前まで受け付けております。
※当日券はチケットカウンターにて初回上映時間の30分前からご購入いただけます。

from 作品案内|上映スケジュール|チケット購入サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium2/winter_18_2/

 

 

2018.12.7 Update!!

公式PV公開されました。

To the Grand Universe 大宇宙へ music by 久石譲 約30秒

from コニカミノルタプラネタリウム Official Youtubeチャンネル より

 

 

2018.11.29 Update!!
2018.12.05 Update!!

オープニング記念作品
『To the Grand Universe 大宇宙へ music by 久石譲』

DOME2 プラネタリウムドームシアター作品
上映期間:2018年12月19日(水)~ (元旦のみ休み) 1月2日~
上映時刻:12時/14時/16時/18時/20時
上映時間:約40分
音楽:久石譲
ナレーション:夏帆

チケット予約開始(オンライン購入)
12月11日~

公式サイト:
To the Grand Universe 大宇宙へ music by 久石譲 | プラネタリア TOKYO

 

 

2018.11.24 Update!!

LIVE in the COLORS -w/Piano session-

極彩色のデジタル映像と生演奏を楽しむプラネタリウム

生演奏と美しいデジタルドーム映像の融合を楽しむプラネタリウム、「LIVE in the COLORS -w/Piano session-」を毎週土曜、日曜、祝祭日に開催いたします。演奏を担当するのは本公演のためにピアノ、チェロ、コントラバス、アルトサックス奏者によって結成されたユニット“あめのした”。スピーカーやマイクといった音響機器を一切使用しない、完全アンプラグド環境の中で生演奏を行います。映像制作はプロジェクションマッピングや、VR360度映像の制作に特化した少数精鋭のビジュアルデザインチーム“HERE.”が担当します。アンプラグドの生演奏と、最新鋭のドーム映像という一見相反する二つが融合し生まれる、新たな音楽体験です。

Schroeder-Headzの楽曲を全編に起用。久石譲の特別楽曲提供も

本作品では渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクトSchroeder-Headzの楽曲を全編にわたり起用しています。“HORIZON”や“NEW DAYS”といった人気曲を中心に選曲され、渡辺氏本人による監修のもと、特別なアレンジが施されています。さらに本作では特別提供楽曲として久石譲の名曲“Summer”と“The Rain”も演奏いたします。これは「プラネタリア TOKYO」のオープニング作品として、久石譲とのコラボ・プラネタリウムが上映されることを記念して決定しました。美しいメロディーと生演奏をプラネタリウムでお楽しみください。

出典:プラネタリア TOKYO | 作品一覧
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/livecolors/

 

 

 

コメントする/To Comment