Info. 2021/09/09 東京発 〓 久石譲が新作を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで (Web 月刊音楽祭より)

Posted on 2021/09/09

東京発 〓 久石譲が新作を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで、作曲家の久石譲が新作を自ら指揮して世界初演する。9月11日にすみだトリフォニーホール、12日にサントリーホールで披露される。久石はコンサートで、新作とマーラーの交響曲第1番《巨人》を指揮する。

新作はオーケストラの創立50周年を記念して作曲委嘱された作品で、交響曲第3番《Metaphysica》。久石によれば、タイトルの「Metaphysica」はラテン語で「形而上学=存在と知識を理解することについての哲学の一つ」と意味することから、久石の中の、音の運動性のみで構成する音楽をめざしたという。

そのため、第1楽章は休符を含む16分音符3つ分のリズムが全てを支配、その上にメロディー的な動きが変容していくスタイルを採用。きます。第2楽章は26小節のフレーズが構成要素の全てにして、それが圧縮されたり伸びたりしながらリズムと共に大きく変奏していくという。

第3楽章について久石はニュース・リリースの中で「ド.ソ.レ.ファ.シ♭.ミ♭の6つの音を時間と空間軸の両方に配置、そこから派生する音のみで構成」と語っており、そのアイデアについて「ナンバープレースという数字のクイズのようなゲームからヒントを得ました」。生きた音楽を楽しんで欲しいと結んでいる。

出典:月刊音楽祭|日本|楽壇ニュース
https://m-festival.biz/23332

 

 

 

コメントする/To Comment