Info. 2019/02/14 「Joe Hisaishi et le 3D Orchestra : l’East Land à la Philharmonie」久石譲パリ公演ニュース記事

2月9日、10日、「久石譲 シンフォニック・コンサート」パリ公演が開催されました。

現地取材、プログラム、コンサート風景(写真・動画)、コンサート・パンフレット、カンファレンス動画、現地コラムなどはまとめてご紹介しています。

 

 

こちらは最新の現地Webニュース記事から。とりわけ久石譲という作曲家について、『THE EAST LAND SYMPHONY』プログラムについて、コンサートアンコールまでの会場雰囲気について、とても詳細で興味深く記されていました。

以下、日本語に翻訳したかたち(Google翻訳)で紹介します。すぐにわかる誤訳のみ修正しています。フランス語オリジナル原文はリンクご参照ください。

 

 

Joe Hisaishi et le 3D Orchestra : l’East Land à la Philharmonie

Par Julius Lay, 12 février 2019

映画音楽の作曲家は、才能のある漫画俳優のように、映画音楽の作曲家が学術音楽の世界で場所を見つけることを証明することができます。気にしない人もいます。Sergio Leoneのために作曲した作品のためにほとんど独占的に知られているEnnio Morriconeのような他の人は、彼らが大いに値する認識を奪われたと感じるかもしれません一般的な無関心。久石譲さんは、アニメ映画監督の宮崎駿と常に付き合うことを訴えたことは一度もありません。それはPhilharmonieにしかし与える 非常に特別なプログラム:コンサートの第二部では、彼は世界中の観客を征服したこれらの有名な映画のために書いた一連のテーマで、国立音楽院とパリのダンスの3Dオーケストラを監督します。過去40年間 しかし第一部では、彼は5つの楽章、彼が2018年の夏の間にそれを作成する前に彼が8年間費やした作品「The East Land Symphony」を演奏します。

Ai Ichihara, Joe Hisaishi et le 3D Orchestra
市原愛、久石譲と3Dオーケストラ

 

作品が始まり、作曲家の生地をはっきりと認識しています。久石は現代的な日本の音楽を国際的に代表する唯一の代表者の一人であり、彼の独特の楽器の使い方は非常に注目に値する。マリンバ、グロッケンシュピール、木琴、ビブラフォン、セレスタの6人のパーカッション奏者がステージ上に登場し、メロディーを繊細に強調します。「イーストランド」の小さくて非常にカラフルな表現では、さまざまな音素材 – 木材、金属 – さまざまなイメージ – 自然、空、都市 – を呼び起こす。»、東の国…そう日本を言うために。連続したミニマリストの音楽の影響があります。対照的なのは、非常に叙情的な、調和のとれたペンタトニックソロです。弦は、オーケストラの他の部分をサポートするのに非常に効果的なサウンドまたはリズミカルなレイヤーとして機能します。それはその同時代の人たちとはめったに並ぶことのない輝きのオーケストレーションの作品であり、そしてそれは久石の完全に統制された執筆を象徴しています。

ソロ・ソプラノ、市原愛がシンフォニーの第3楽章と第5楽章で登場する。「Tokyo Dance」に日本語と英語を混ぜた彼女の声は、最初は少し後ろのオーケストラで覆われていました。日本語では、閉鎖的な鼻音といくつかの鼻音があるため、歌詞を歌うのは簡単ではありません。しかし、彼女はその作品に敬意を表し、現代の童謡のように見えるものを非常によく書き写しています。この動きは、日本の首都の激しいダイナミズムに従って、モーダルとアトナルの瞬間を交互に繰り返します。今回はラテン語、第5楽章で歌われた「Prayer」不思議で上品な甘さです。オーケストラは非常に古典的な和音のシーケンス、愚かな節で書かれた完全に西洋の弦で作品を終えます。あなたはコラールとバッハの音楽の影響を感じることができます、そしてそれは東から西へ伸びる手のようにこの巨大で豊かな作品に加わります。

 

Joe Hisaishi et le 3D Orchestra à la Philharmonie de Paris
久石譲とパリ・フィルハーモニー管弦楽団の3Dオーケストラ

 

今まで、大衆、フィルハーモニーに慣れていない若い観客の大部分は、測定された熱意しか示さなかった。久石譲は、北野武の作品のために作曲した作品の後、ピアニストのために、簡単な弦楽オーケストラで演奏しました。それらのうちのいくつかは非常によく知られていて、多くのアマチュアによってピアノに連れて行かれます。彼は自分のソロを監督し、それはすべての人の間で落ち着く親密で魅力的な瞬間です。ヴァイオリンのソロ、赤間美沙子を含む彼のテーマの中での叙情性を称賛するミュージシャンでさえも特に喜びを感じます。コンサートはフランスで「Le Voyage de Chihiro」として知られる千と千尋の神隠しの組曲で終わります。この映画は宮崎の最大のヒット曲の一つであり、彼のフィルモグラフィーでは久しぶりに功を奏している。一連のテーマは非常によく実行されており、そして大好評の大衆は拍手を送り、叫ぶ。

これは間違いなく、甘酸っぱい何かが感じられているということです。「The East Land Symphony」は、明らかにコンサートの開始時に喝采を立っていません。そして観客は今叫んで、公演の初めに与えられた特定の禁止にもかかわらず写真を撮ります。ミュージシャンは2つのビスを演奏します – 1つは「Porco Rosso」、もう1つは「Totoro」です。暫定前の合理的な成功とせん妄の間のこのギャップは、久石譲の観客が彼に何を期待しているのか、そしてなぜ彼が彼に会いに来るのかを示しています。私たちは彼の最も個人的な作品があまりにも多くの喜びで感謝されていなかったことを後悔します。

(日本語翻訳)

 

公式サイト:bachtrack|Joe Hisaishi et le 3D Orchestra (フランス語原文)
https://bachtrack.com/fr_FR/critique-joe-hisaishi-3d-orchestra-philharmonie-paris-fevrier-2019?platform=hootsuite

 

コメントする/To Comment