Disc. 久石譲 『仔鹿物語 サウンド・シアター・ライブラリー』

1991年3月21日 CD発売

1991年公開 映画「仔鹿物語」
監督:澤田幸弘 音楽:久石譲 出演:三浦友和 他

 

今度、NECアベニューから、今まであったレーベルの中に新シリーズ”サウンド・シアター・ライブラリー”を設けて、積極的に映画音楽のCDを出していこうと思っています。基本的に大きな柱が二つあって、一つは日本の良質な映画音楽を出していこうというもので、もう一つは、映画からイメージを受けた耳で聴くサウンドトラックみたいな形で、映像を抜いた新しいサウンド・シアターというか、そういう新しい試みが出来ればいいな、と考えているんです。もっと言えば、実際にサウンドトラックで作った曲ではなく、新たに歌で作り直したりという、そういったことも当然起こってくるでしょう。もちろんベーシックには映画というものを置いてありますけど、映像との関わり合いというか、そういった関係の中で起こり得る、これからのオーディオ・ヴィジュアル時代にあるべきいろんな試みが出来ればいいと思っています。

”サウンド・シアター・ライブラリー”の大きな特徴は、CDに脚本が全部ついてくることです。それによって自分達が映画に対して音との関係とか、映像があるために納得してしまうようなことを、見ないために、脚本を読んで音を聴いてイメージを喚起できることもあるし、その方がよほどイマジネーション豊かなわけ。とりあえず3月21日に「仔鹿物語」を出し、同時に大林宣彦監督自身が歌っている「ふたり」のシングルを、4月にそのサウンドトラックを出す予定です。このシリーズで大事なことは、単発で出してもあまり見向いてもらいないことを、こういったシリーズにして形にすることによって注目してもらうことであり、映画音楽にスポットを当てるという意味では非常に効果的なんです。今回脚本の中に音楽が入る箇所は示さなかったんですが、何かの作品ではやると思います。ただ、専門家用の企画になると困るので、もっと一般の人に楽しめるように、あまり細かい視点までは入れないつもりです。やはりこれ自体、エンターテインメントでありたいものですよね。

Blog. 「キネマ旬報 1991年4月下旬号 No.1056」 久石譲インタビュー内容 より抜粋)

 

 

かつて僕は多くの映画から沢山のことを学んだ。人が生きることで出会う様々な喜び、悲しみ、愛と憎しみ、映画は実生活では体験しえない程の人生を見せてくれた。そしてほんのすこし賢くなって僕は人に対してちょっぴり優しくなれた。

小さいころ僕の生まれた町では二つの映画館があり週変わりで3本づつ、月に24本以上の映画が上演され、僕はそのすべてを見た。アクション物から恋愛もの、西部劇から怪談物まで映画館の真暗闇のなかで息を殺してワクワクしながら見守っていた。そして映画館を出てきたとき、その映画の主人公になったつもりでさっそうと歩きながら、口をついて出てきたのが映画音楽だった。それは今でも変わっていない。

”タラのテーマ”(風と共に去りぬ)”ツナイト”(ウエストサイド物語)”アズ・タイム・ゴーズ・バイ”(カサブランカ)”ムーンリバー”(ティファニーで朝食を)今でもこのメロディーが流れて来たら映画のシーンが浮かんできてジーンとしてしまう。

そして今、音楽の道に進んで、それが映画と関わり合うなんて何てすてきなことだろう。僕は映画音楽が大好きだ。

しかし今映画音楽の現状は、日本の映画の現状と同じくらい悲惨だと思う。優れた監督もいれば優れたアクターもりう。また映画を作るための資金もある。なのに何故日本ではこうも閉鎖的で非創造的な環境になってしまったのか? ジリ貧の音楽予算と苛酷なスケジュール、そして劇伴と呼ばれるようなイージーな作曲家側の姿勢。言いだしたらきりがない。

だが、僕たちは現状を嘆いたり批判するだけで良いのだろうか? それでは何も変わらない。まず自分でやれることからやっていくべきなのだ。かつて映画館で見た夢を取り戻すためにも。

(サウンド・シアター・ライブラリー パンフレットより)

 

 

久石譲 仔鹿物語

釧路湿原・秋
1. 釧路湿原
2. 別海への道
3. 牧場のある風景
4. 夕映えの湖
出逢い
5. 恋するふたり
6. 流氷とエゾ鹿
7. 墓標
8. 花子との別れ
9. 出逢い(メインテーマ)
駅(ステーション)
10. 塘路駅にて
11. 初乳
12. 仔鹿のソネット
家族の肖像
13. 家族の肖像
恋人たちの渚
14. 恋人たちの渚
走れラッキー
15. 突然の出来事
16. 約束
17. 走れラッキー
父の背中
18. 父の背中
暗闇の中で
19. 行者葫
20. 日暮の雑木林
21. 暗闇の中で
エンジェル・ハート
22. 家族の絆
23. 誓い
ラッキーを救え
24. 愛のリレーPart 1
25. 愛のリレーPart 2
26. 愛のリレーPart 3
27. 愛のリレーPart 4
仔鹿と子供たち
28. 仔鹿と子供たち (メインテーマ)
老人と子供
29. 老人と子供
さよならの予感
30. 風立ちぬ
31. 野生のめざめ
32. さよなら列車
33. さよならの向こう側
希望へのUターン
34. 希望へのUターン
仔鹿物語〜メインテーマ〜
35. 仔鹿物語 〜メインテーマ〜

Produced by Joe Hisaishi

All Composed & Arranged by Joe Hisaishi

 

コメントする/To Comment